だから、自殺するまで、不倫疑惑みたいなものまで捏造されて糾弾されても仕方がないってことですね。/小倉秀夫弁護士

堀江貴文氏、笹井芳樹氏自殺のニュースに「あの袋叩き状態は経験してみないとわからない」とTwitterに投稿 /ジャーナリスト江川紹子

NHKのおかげではないんですかね。RT /小倉秀夫弁護士

法律事務所でも似たようなとこあるよなぁ。/坂本正幸弁護士

女性警察官殺害後に自殺か、警視庁巡査「結婚も終わりかも」 – 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」/落合洋司弁護士

■[刑事事件]女性警察官殺害後に自殺か、警視庁巡査「結婚も終わりかも」 01:41 女性警察官殺害後に自殺か、警視庁巡査「結婚も終わりかも」を含むブックマーク 女性警察官殺害後に自殺か、警視庁巡査「結婚も終わりかも」のブックマークコメントAdd Star

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20140413-00000002-jnn-soci

巡査は蔵前警察署の上司に対し、「結婚も終わりかもしれない」と泣きながら話していたということです。

先月下旬に結婚する予定でしたが、業務上の不祥事で警視庁の内部調査を受けたことから結婚が延期となっていて、警察は、2人の間に婚約解消をめぐるトラブルがあったとみて調べています。

警察官が警察官を殺害した容疑、しかも自殺、2人とも死亡という重大な結果が生じていて、私も事件を知って驚きましたが、上記のような経緯を見ると、順風満帆で来たところに、それががたがたと崩れて、パニック状態に陥ったのではないか、ということを感じます。男性巡査の名前で検索をかけてみると、有名大学の出身者で該当する人物がいて(卒業年から見て本人のようです)、生前の本人を知っているわけではないものの、そうした経歴の人物にありがちな弱さ、脆さといったことを想像させるものがありました。

蔵前署の上司が、「泣きながら話していた」のに対し、どういう対応をとったかはわかりませんが、まだ若い、未熟さがある人が精神的に動揺している際の対処には慎重さが求められ、対応如何によっては人を生かすこともあれば、そうならないこともある、ということを感じました。

引用:2014-04-13 – 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」

冒陳を書くときも気を遣ってました。/矢部善朗弁護士

上杉対レモン氏問題って、上杉さんが自殺する以外に、どういう解決が現実的に考えられるのだろう。/小倉秀夫弁護士

“=========== Meta ============
“StrID : 1155
“Title : 上杉対レモン氏問題って、上杉さんが自殺する以外に、どういう解決が現実的に考えられるのだろう。/小倉秀夫弁護士
“Cats : 弁護士
“Tags : @Hideo_Ogura,小倉秀夫弁護士,ジャーナリスト,自殺
“========== Content ==========