深刻な法律問題が生じたときは弁護士に相談することをお勧めします。とりあえず相談だけならそんなに費用はかかりませんから。/矢部善朗弁護士

広告

刑事事件・セカンドオピニオンサービスの御案内-弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の「日々是好日」/落合洋司弁護士

以前、サイトには案内を掲載していたことがあるのですが、ブログに一本化して掲載しなくなり、掲載しなくなった後も、時々お問い合わせを受けることはあるため、当事務所の正式なサービスとして、平成25年10月1日から提供を再開することにします。

趣旨、目的としては、既に進行している刑事事件について、別の弁護士の意見を聴いてみたい、参考にしたいといった要望、需要に対応するものです。既に活動中の弁護士の活動を阻害することを防止するため、このサービス御利用の場合、基本的に弁護人として受任はしません(どうしても、という場合は慎重に検討しますが)。

いろいろな状況が考えられますが、例えば、

・自白事件で、より軽い処分になるように、もっとできることがあれば知りたい、現在の方針で良いかどうか意見を聴きたい

・否認事件で、どういった立証が効果的なのか、現在の立証で問題ないかどうか知りたい

・1審で有罪判決を受け、控訴しようかどうか迷っているが、控訴して何をどこまでできるか、好転する見通しがあるか知りたい

といった、ありがちな(とはいえ誰に聞けば良いかよくわからない)状況に対応できるものになるのではないかと思います。

御依頼後の流れとしては、

・ メールや電話で御連絡後、メール、ファックスで事件の概要や検討してほしい点を連絡していただく

・ 当方から見積書を送付し、費用等の条件について合意の上、契約書を作成(なお、見積もりまでは、費用は発生しません)

・ 必要資料を送っていただき、検討の上、意見書の作成、送付(必要に応じて面談の上で説明)

となります。詳細は、打ち合わせしつつ決めながら進めます。

メールは、

yjochi@kih.biglobe.ne.jp

(全角を半角に直してください)

になります。必要に応じ、お問い合わせください。

引用:2013-09-29 – 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」

ここで法律相談を申し込まれても反応しないよ。 誰から相談を受けたかという秘密も/弁護士奥村徹

“=========== Meta ============
“StrID : 2281
“Title : ここで法律相談を申し込まれても反応しないよ。 誰から相談を受けたかという秘密も/弁護士奥村徹
“Cats : 弁護士
“Tags : 弁護士奥村徹,@okumuraosaka,法律相談,守秘義務,弁護士業務
“========== Content ==========