刑事裁判の情状弁護というのは、弁護士が被告人をどれだけ理解しているかが重要だと考えている。その意味で、片山被告人を今最も理解している弁護士は佐藤弁護士だろう。辞任されなくてよかったと思う。/矢部善朗弁護士

“=========== Meta ============
“StrID : 6430
“Title : 刑事裁判の情状弁護というのは、弁護士が被告人をどれだけ理解しているかが重要だと考えている。その意味で、片山被告人を今最も理解している弁護士は佐藤弁護士だろう。辞任されなくてよかったと思う。/矢部善朗弁護士
“Cats : モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)
“Tags : @motoken_tw,弁護士,情状,理解,PC遠隔操作事件,佐藤博史弁護士
“========== Content ==========

広告

被告人が無実だと言っていても弁護人が被告人の無実を確信していない場合には弁護人は罪体を争わず、情状弁護に切り替えても良いという風に法改正を/小倉秀夫弁護士

ボトムからどうやって浮かび上がるか、被告人に真剣に考えさせる、という弁護が必要になる。これは、なかなかの高度なテクニックを要する/落合洋司弁護士

/矢部善朗弁護士