この番組作ったディレクター、閑職に飛ばされてたな。皆様の国営放送。→時流・底流:取り調べ映像の提供/落合洋司弁護士

可視化の範囲を限定する一方、捜査の武器を拡大する結論←焼け太り。→取り調べ可視化・司法取引導入へ 来年、法改正案提出/落合洋司弁護士

再審決定! 袴田事件の真実─今こそ取調べの可視化を! ~弁護団と実姉が語る、袴田さんの人生を賭けた壮絶な冤罪との闘いと取調べの闇~/谷山智光弁護士

非常に誤解を与える見出し。全課程の録音録画をやらなければ取り調べのプロセスを可視化したことにはならない →取り調べ可視化

タイトル部分に半角コロンが含まれていたので全角コロンに変換処理しました。APIでの投稿において不具合が生じるためです。

インターネットの普及によって初めて実現したんだろうな。いろんな人がいることが可視化される/矢部善朗弁護士

可視化時代に向けて舵を切った検察(江川 紹子)- Yahoo!ニュース/ジャーナリスト江川紹子

落合弁護士は「可視化は客観的な供述経過を明らかにするもので、検察側、弁護側のどちらに有利に働くというものではなく、真実を主張する側にほほ笑むものだ」と指摘。/落合洋司弁護士

この経緯から、最高裁は「被告がもともと、遺留品について正確に把握していなかった」可能性や、捜査機関による「誘導」があった可能性にも言及している。

 元検事の落合洋司弁護士は「取り調べが可視化されていれば、誘導がなく、被告が自発的に供述したことを示す資料になった可能性もある」と話す。

 落合弁護士は「可視化は客観的な供述経過を明らかにするもので、検察側、弁護側のどちらに有利に働くというものではなく、真実を主張する側にほほ笑むものだ」と指摘。「捜査機関は可視化を邪魔なものだと考えがちだが有利な材料にもなり得る」としている。

引用:もし可視化なら…「示達的な供述」示す資料にも 京都・舞鶴高1女子殺害事件:イザ!

取り調べの完全録音録画を!! →美濃加茂市汚職

タイトル部分に半角コロンが含まれていたので全角コロンに変換処理しました。APIでの投稿において不具合が生じるためです。