植草氏、起訴 – 元検弁護士のつぶやき〜廣野秀樹さん|2006年10月5日

No.8 廣野秀樹 さん | 2006年10月 5日 12:49

 送信したトラックバックが反映されなくなっているようですが、どうしてでしょう。
 検察官の判断は、人の人生、生活に多大の影響を及ぼし、また、その判断の基礎になるのは、主に関係者の供述調書等の資料であるという意味で、ご紹介しました。

トラックバックを送信したURLです。
■[参考資料]平成4年江村正之検察官の冒頭陳述要旨
http://d.hatena.ne.jp/hirono_hideki/20061005/1159976594
No.9 モトケン さん | 2006年10月 5日 13:15

>廣野秀樹さん

 すぐにリンクが多いエントリはすぐに反映されない場合があります。
 公開処理をとりましたが、関連性は弱いように思います。
No.10 廣野秀樹 さん | 2006年10月 5日 15:16

>管理人さん
 ありがとうございます。関連性については、もっと詳しく、素人の私が後日説明致しますが、どんなものでしょう。根本から間違えれば、取り返しがつかないはずです。まして、被害者が死んでいるような事件であれば冤罪になることもあるでしょう。事案は異なりますが、植草氏も検察の非をあげて、冤罪といっているのではないでしょうか。
 ややトーンダウン気味のようですが。
 それに供述調書を作成した被告訴人の一人は、警察が勝手に作った白紙調書のような言い分も示していました。

引用:植草氏、起訴 – 元検弁護士のつぶやき

経緯及び社会の反応/モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)/廣野秀樹さん|2006年10月5日

“=========== Meta ============
“StrID : 1505
“Title : 植草氏、起訴 – 元検弁護士のつぶやき〜廣野秀樹さん|2006年10月5日
“Cats : モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)
“Tags : @motoken_tw,コメント欄, コメント(廣野秀樹), 元検弁護士のつぶやき,ウェブアルバム,本文参照予定
“========== Content ==========

あなた自身が被害を与えた被害者その他関係者の実名を記載しており、これらの 人の名誉を侵害しており〜ジェイ


ジェイジェイ 2008/06/24 18:17 あなたの投稿がずっとスルーされてきたのは、
(1)エントリーと関係ないことを延々とコメントすること
(2)自分のブログの宣伝行為を行っていること
(3)あなたのブログで主張されたいことがわからず、かつ、あなた自身が被害を与えた被害者その他関係者の実名を記載しており、これらの人の名誉を侵害しており、そのようなことができる神経に対して、恐ろしさを皆感じていること、つまり、あなたと関わりたくないと皆思っていること

が原因だと思います。
犯罪被害者のことを守る、守らない、という議論に参加する資格はあなたにはありません。

そして、上記のようなコメントがずっと続いてきており、皆、苦々しく思っているところに、あなたのモトケンさんに対する脅迫めいたコメント。
これで完全にアウトです。

それから、モトケンさんや、他の方のコメントを何の承諾もなく、ここに転記するのはルール違反ですよ。

hirono_hidekihirono_hideki 2008/06/24 18:48  ジェイさん、はじめまして、コメントありがとうございます。
 以前見た覚えがあるハンドル名だったので、少し調べたのですが、こちらの方でしょうか?
http://profile.ameba.jp/be-a-superman/

 もし違っているのなら、後日、誤解からご迷惑が及ぶ可能性もありますので、違うのであれば、その点だけは明記願います。
 回答がなくてもブログ「少年担当ジェイのつぶやき」のブログ主ご本人であることが、推定されるわけではありません。ただ、モトケンさんのブログ名とも似ているので、あらぬ誤解が及ぶ可能性は高まるかもしれません。

 また、貴方様のコメント内容に対するご回答は、本文を引用の上、別エントリにて本日中に行わさせていただきます。

ジェイジェイ 2008/06/24 19:22 そのブログとは全く関係ありません。
今日、初めて見るブログです。

hirono_hidekihirono_hideki 2008/06/24 21:27  了解しました。

引用:元検弁護士のブログについて<1> – 日暮れて途遠し

送信者 経緯及び社会の反応

頭痛のタネが消えて無くなるのであれば、管理者のモトケン先生のご負担も軽く なるはず、という判断です〜法務業の末席さん


No.59 法務業の末席 さん | 2008年6月23日 09:04

>No.57 じじい様

読んでおります。

この24時間ROMに徹して観察する限り、私一人をターゲットとしているようですので、私が暫く投稿を控えることにより自然に消えて居なくなるであろうと判断しての投稿自粛(=距離を置く)の意思表示です。

私の自粛により霧のように頭痛のタネが消えて無くなるのであれば、管理者のモトケン先生のご負担も軽くなるはず、という判断です。

トピズレ投稿、失礼しました。

引用:秋葉原事件の報道から思うこと – 元検弁護士のつぶやき

送信者 秋葉原事件の報道から思うこと

ご心配なく、貴方のようなコメンターにまとわりつかれるのは不快ですので、暫 くモトケンブログより〜法務業の末席さん


No.56 法務業の末席 さん | 2008年6月23日 07:25

>No.54

>そんなに不快に思うなら、あなたが去れば良いのでは?

ご心配なく、貴方のようなコメンターにまとわりつかれるのは不快ですので、暫くモトケンブログより距離を置くつもりです。

引用:秋葉原事件の報道から思うこと – 元検弁護士のつぶやき

送信者 秋葉原事件の報道から思うこと

そんなに不快に思うなら、あなたが去れば良いのでは?〜通りすがりXさん


No.54 通りすがりX さん | 2008年6月23日 07:01

法務業の末席さん

そんなに不快に思うなら、あなたが去れば良いのでは?

引用:秋葉原事件の報道から思うこと – 元検弁護士のつぶやき

送信者 秋葉原事件の報道から思うこと

このモトケンブログより貴殿が自主的に身を引かれるようご判断下されば幸甚に 存じます。〜法務業の末席さん


No.53 法務業の末席 さん | 2008年6月23日 06:19

廣野秀樹殿

私の№51投稿をきっかけにして、飛び火した別スレが加熱してしまいましたので、私自身が自主的にモトケンブログへの投稿と、貴殿への反論を24時間自粛して様子を見ておりました。しかしながらこの24時間、貴殿は私が№51で指弾したご自身の誤りについて、ご自身が全く気付いておられないのは嘆かわしいばかりです。

貴殿は「目くそ鼻くそを笑う」ということわざをの意味をお調べになりましたか?

「目くそ」も「鼻くそ」も、その目や鼻がある顔面の持ち主である人からすれば、指先で弾き捨てるような小さな汚物であって、どちらも取るに足らない存在である。にもかかわらず顔面では「目」が「鼻」よりも僅かに一寸高い位置にあるから、その高さの分だけ「目くそ」が「鼻くそ」よりエライと勘違いして、「鼻くそ」のことを笑っている。これを目と鼻の持ち主である人間から見たら、どちらも取るに足りない小さな汚物であり、真面目に取り上げる価値もない論争だ。これが「目くそ鼻くそを笑う」ということわざ本来の意味です。

貴殿は№50で、私の№47でのコメントの一部を引用されて「どっちもどっちです」と評され、その上で「目くそ鼻くそ」のことわざを使用されました。このようなことわざの使われ方から、貴殿が私を目くそに喩えマスコミを鼻くそに喩えて、ご自身(廣野秀樹殿)から見ればどっちも大したことのない小物よ、小物同士が真面目くさって議論しているが偉いオレ様から見れば笑えちゃう、このように評していると受け取りました。そのような侮辱に受け取れるから発言の撤回と謝罪をして欲しい。

№51の私のコメントの意図を解説すると以上の通りです。

しかるに貴殿は№52冒頭で謝罪の文言を並べられましたが、長いコメントの中断では私の発言を利用して「釣り」を意図したと言われる。

 今回、法務業の末席様のコメントからもそのようなニュアンスが感じ取れたので、いささか乱暴ながら釣らせて頂いた次第です。

この文章が謝罪の文章と併せてコメントされるということは、貴殿が全く日本語を理解していないのか、或いは口先だけの言葉を書き並べるだけの発言内容が信頼できない人、このいずれかと判断せざるを得ません。

私としても過去の貴殿の多数のトピズレ投稿が、このブログでの議論の流れを遮ることが多くて邪魔に感じておりましたが、スルーに徹すれば実害は無いと判断して無視してきました。

しかしながら今回の貴殿の№52回答文と、別スレの死刑に対する朝日の見識エントリでの投稿姿勢を目の当たりにすると、スルーに徹すればというレベルを超えていると私には思われるようになりました。このモトケンブログより貴殿が自主的に身を引かれるようご判断下されば幸甚に存じます。

引用:秋葉原事件の報道から思うこと – 元検弁護士のつぶやき

送信者 秋葉原事件の報道から思うこと

送信者 秋葉原事件の報道から思うこと

私は、特定の個人ではなく、全体的な傾向から感じていることを書きました。〜廣野秀樹


No.52 廣野秀樹 さん | 2008年6月22日 09:38

No.51 法務業の末席様

 そのような受け取り方をされるのは仕方がないことです。お詫び致します。
 私は、特定の個人ではなく、全体的な傾向から感じていることを書きました。
 私自身メディアの専門家でないばかりか、政治面や芸能面では知識も乏しい方だと思っています。
 そういう私がマスコミのことを批評するのもなんですが、私たちは、マスコミが取り上げる範囲でしか判断材料を得ることしか出来ず、真偽の確証も困難かと思われます。いわばマスコミの意のまま手の中で転がされているようなものですが、そのマスコミも経済基盤を背景に国民の嗜好、要望に合わせて視聴率の獲得に邁進していると聞きます。
 私の表現が稚拙であることも承知していますが、そのようなことは、ほとんどの方がご承知のこととも思っています。
 今回、法務業の末席様のコメントからもそのようなニュアンスが感じ取れたので、いささか乱暴ながら釣らせて頂いた次第です。より深みのある議論と提言を得たいと思いました。
 というのも、自分自身が刑事事件とマスコミ報道の板ばさみのような状態で活路を模索している段階だからでもあります。
 法務業の末席様は、プロのお立場から有用で参考になるコメントを披瀝されていることも承知しておりますし、こちらのブログの常連さんでもありますから、私のこともある程度はご存知であろうという前提で書き込みました。
 企業のスポンサーのない報道機関がNHKのはずですが、私は直接そのNHK金沢放送局に協力を要請した経緯があります。ある程度の事情は、自分のブログでも書いてあるはずですが、1年半ほど前のことであり、知る人は少ないことでしょう。
 NHKとのやりとりは、金沢地方検察庁にも話してありましたし、けっこう意識していると感じていたのですが、記者の対応は、私が直接金沢地方検察庁に話を聞いてみてくださいと言っても、そんなこと検察が話すはずがありません、で終わりでした。
 自分のブログを見てもらって、そこに記者自身の名前も書いてあったはずですが、15分ほど見て、判断したそうです。
 事件というのは様々な個性や特徴を持つ複合的な問題だと思いますが、定型的機械的に処理されるという側面もあるはずです。

 今思案中なので、ご説明はこのあたりにさせて頂きますが、法務業の末席様への個人攻撃や非難でないことは重ねて告知させて頂きます。
 失礼、ご無礼のあったことを改めてお詫びさせていただきます。

引用:秋葉原事件の報道から思うこと – 元検弁護士のつぶやき

送信者 秋葉原事件の報道から思うこと
送信者 秋葉原事件の報道から思うこと