平成24年度の金沢弁護士会の会長となりました奥村回(おくむら かい)です。 /会長からのご挨拶|金沢弁護士会

金沢弁護士会HPへようこそ!

 平成24年度の金沢弁護士会の会長となりました奥村回(おくむら かい)です。

 金沢弁護士会には、現在142名の弁護士がいます。30歳代の若手から70歳以上のベテラン、そして女性弁護士も19名が登録しています。

 皆様の各種の法律問題に、適格に答えられる弁護士が必ず見つかるものと思います。HP中の弁護士への質問「Q&A」に、弁護士が扱い処理することができることの例が載っています。参考として下さい。

 また、この頁を開かれたあなたにお勧めします。

まずは、弁護士、弁護士会へ連絡下さい。あなたが気になったことを相談してみて下さい。

金沢弁護士会は、石川県に事務所を有する全ての弁護士で構成され、その弁護士の指導・監督とともに、社会正義の実現に向け、各種の活動も行っています。このHPをご参照下さい。

引用:会長からのご挨拶|金沢弁護士会

広告

金沢弁護士会所属会員に対する業務妨害に関する声明〜金沢弁護士会

金沢弁護士会所属会員に対する業務妨害に関する声明

本日、金沢弁護士会に所属する弁護士が、その法律事務所において、男に刃物で腹部を刺されて傷害を負う事件が発生した。容疑者は直ちに逮捕されたとのことである。

「民事事件に関して恨みがあった」と容疑者が供述しているとの報道もあり、これが事実であるとすると、弁護士業務に関連して、凶悪な犯行に至ったということである。我々は、このように弁護士の業務を暴力で妨害し、弁護士に傷害を負わせるという本件犯行について、強く糾弾するものである。

弁護士は、訴訟手続や交渉を通じ、法に基づき社会の紛争を解決することを職責としており、弁護士活動の安全が何よりも確保されなければならない。

暴力による弁護士業務の妨害は、基本的人権を擁護し社会正義を実現することを使命とする弁護士制度に対する不当な攻撃であり、司法制度や法秩序に対する重大な挑戦であって、決して許すことはできない暴挙である。

当会は、弁護士業務への妨害に対する対策を強化するとともに、卑劣な妨害行為に決してひるむことなく、弁護士の使命を貫徹し、法の支配を実現するため邁進する決意であることをここに表明する。

平成21年4月16日

金沢弁護士会
会長 北川 忠夫

引用:金沢弁護士会所属会員に対する業務妨害に関する声明|金沢弁護士会

送信者 金沢弁護士会

横浜弁護士会所属会員の殺害事件に対する会長声明〜金沢弁護士会

横浜弁護士会所属会員の殺害事件に対する会長声明

2010(平成22)年6月2日午後2時40分ころ,横浜弁護士会会員の前野義広弁護士が,同弁護士所属の法律事務所を訪れた男に腹部等を刃物で刺され,死亡するという痛ましい事件が発生した。当会は,亡くなられた前野義広弁護士の御冥福を心からお祈りするとともに,御遺族の皆様へ心よりお悔やみ申し上げる。

この事件は,未だ犯行の原因・背景等が明確にされているには至っていないが,白昼,法律事務所において業務を遂行中の前野弁護士を襲撃したものであることから,同弁護士の業務に関連して弁護士業務を妨害しようとしたものである可能性が極めて高い。

当会においても,2009(平成21)年,当会会員の弁護士がかつての依頼者に包丁で腹部を刺されるという傷害事件が発生している。

このような犯罪行為は,社会正義の実現と基本的人権の擁護を使命とする我々弁護士の業務に対する重大な挑戦であり,断じて許されるものではない。

当会は,このような凶行を行った犯人を強く非難するとともに,卑劣な暴力に怯むことなく,弁護士の使命を全うするため引き続き全力を尽くす決意である。

2010(平成22)年6月14日

金沢弁護士会
会長 山崎正美

引用:横浜弁護士会所属会員の殺害事件に対する会長声明|金沢弁護士会

送信者 金沢弁護士会

秋田弁護士会所属会員の殺害事件に対する会長声明〜金沢弁護士会

秋田弁護士会所属会員の殺害事件に対する会長声明

2010(平成22)年11月4日午前4時05分ころ,秋田弁護士会会員の津谷裕貴弁護士が,同弁護士の自宅を訪れた男に胸等を刃物で刺され,死亡するという痛ましい事件が発生した。当会は,亡くなられた津谷裕貴弁護士の御冥福を心からお祈りするとともに,御遺族の皆様へ心よりお悔やみ申し上げる。

この事件は,未だ犯行の原因・背景等が明確にされてはいないが,津谷弁護士が受任していた離婚事件に関するトラブルが存在するともいわれており,そうであれば,同弁護士に対する逆恨みから同弁護士の弁護士業務を妨害しようとする意図の下になされたものと考えられる。

当会においても,2009(平成21)年,当会会員の弁護士がかつての依頼者に包丁で腹部を刺されるという傷害事件が発生している。

このような犯罪行為は,社会正義の実現と基本的人権の擁護を使命とする我々弁護士の業務に対する重大な挑戦であり,断じて許されるものではない。

当会は,このような凶行を行った犯人を強く非難するとともに,卑劣な暴力に怯むことなく,弁護士の使命を全うするため引き続き全力を尽くす決意である。

2010(平成22)年11月9日

金沢弁護士会
会長 山崎正美

引用:秋田弁護士会所属会員の殺害事件に対する会長声明|金沢弁護士会

送信者 金沢弁護士会