求刑を5年上回る懲役15年/虐待死で懲役15年「不当でない」と控訴棄却

“=========== Meta ============
“StrID : 515
“Title : 求刑を5年上回る懲役15年/虐待死で懲役15年「不当でない」と控訴棄却
“Cats : 社会・世相・時代の参考情報
“Tags : 量刑
“========== Content ==========

大阪府寝屋川市で2010年1月、当時1歳8か月の三女を暴行して死亡させたとして傷害致死罪に問われ、1審・大阪地裁の裁判員裁判で、ともに求刑を5年上回る懲役15年を言い渡された父親の岸本憲(あきら)(29)、母親の美杏(みき)(30)両被告の控訴審判決が11日、大阪高裁であった。

 的場純男裁判長は「1審の量刑は選択の範囲内で、重すぎて不当とは言えない」と述べ、両被告の控訴を棄却した。

引用:虐待死で懲役15年「不当でない」と控訴棄却 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

広告

欠陥を有する人間なのだろうという認識からの予測です。<元検弁護士のつぶやき>

強姦累犯者

11歳女児乱暴で懲役10年の判決 東京地裁(産経ニュース)

 11歳の女児2人に対する強姦(ごうかん)致傷と強制わいせつの罪に問われた東矢恭幸被告(37)の判決公判が9日、東京地裁で開かれた。井口修裁判長は「自己中心的で卑劣。くむべき点はない。計画的で狡猾(こうかつ)な犯行だ」として、懲役10年(求刑懲役12年)を言い渡した。

ということなんですけど

 井口裁判長は、東矢被告がこれまでに強姦罪などで2度服役していた上、出所後の半年間で再び事件を起こした点を指摘。「規範意識が著しく鈍麻している」と断罪した。

 子の親としての立場込みで言いますが、このような前科を考慮すると、求刑も判決も軽すぎるのではないかと思ってしまいます。
 再犯の危険性は極めて大です。
 本音で言えば、出てくればまたやるな、という感じです。
 これは非難とか憎悪からではなく、そういうタイプまたは欠陥を有する人間なのだろうという認識からの予測です。
 となると本来は無期懲役相当の事案ですが、社会隔離には法定刑の限界がありますので、それに代わる対策が絶対必要な犯罪類型だと思います。

 
モトケン (2008年10月 9日 18:56) | コメント(24) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top) 引用:強姦累犯者 – 元検弁護士のつぶやき