名張毒ぶどう酒事件:最高裁再審認めず 識者の話◇裁判所の体面重視−−ジャーナ リスト、江川紹子さんの話/ジャーナリスト江川紹子

“=========== Meta ============
“StrID : 3254
“Title : 名張毒ぶどう酒事件:最高裁再審認めず 識者の話◇裁判所の体面重視−−ジャーナリスト、江川紹子さんの話/ジャーナリスト江川紹子
“Cats : メディア・マスコミ・ジャーナリスト関係
“Tags : 江川紹子,@amneris84,裁判官,再審請求,識者
“========== Content ==========

名張毒ぶどう酒事件:最高裁再審認めず 識者の話

毎日新聞 2013年10月18日 東京朝刊
 ◇裁判所の体面重視−−ジャーナリスト、江川紹子さんの話

 弁護団が補充の意見書を出してからわずか2週間の決定で、結論ありきだ。再審で事件の真相を調べることよりも裁判所の体面を重視したのだと思う。これでは再審すべきかどうかの判断を裁判所だけに委ねられない。検察審査会のように一般市民を交えて検討するなど、再審決定の仕組みの変更を考えるべきだ。
 ◇科学的認定は正当−−元最高検検事、土本武司・筑波大名誉教授(刑事法)の話

 この事件は犯行直後に自発的な自白がある。自白を裏付けるニッカリンTについて科学的根拠があると認定した今回の決定は正当だと思う。再審はあくまで司法制度の例外的な救済措置であり、再審開始には3審制の原則を破る新証拠が必要だということを忘れてはいけない。

引用:名張毒ぶどう酒事件:最高裁再審認めず 識者の話- 毎日jp(毎日新聞)

広告