裁判員が、誤ることのない、無謬な存在であるかのように過剰に奉ってしまうことは、裁判員のためにも国民のためにもならないのではないか/落合洋司弁護士

“=========== Meta ============
“StrID : 4684
“Title : 裁判員が、誤ることのない、無謬な存在であるかのように過剰に奉ってしまうことは、裁判員のためにも国民のためにもならないのではないか/落合洋司弁護士
“Cats : 社会・世相・時代の参考情報,弁護士
“Tags : 落合洋司弁護士(東京弁護士会),@yjochi,裁判員,裁判所,民主主義,犯罪被害者,犯罪被害者の会,言及予定
“========== Content ==========

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140125/trl14012517580001-n1.htm

決議は、東京高裁が昨年6月と10月、一審裁判員裁判の死刑判決を破棄し、無期懲役としたケースを「裁判員制度の否定」と批判。「一般市民の感覚を反映した量刑判断を軽々に覆すべきではない」と指摘した。

昔、法学部で憲法を勉強し始めた頃、国民の代表者からなる国会で成立した法律が、なぜ、民主的基盤を持たない裁判所に与えられた違憲審査権で無効化されるのか、民主主義に反するのではないか、といった素朴な疑問を持ったものでした。

その後、勉強する中で、裁判所というのは「法原理機関」であり民主主義を守るためにその法原理性を発揮すべき立場にある、特に、少数者の人権や民主主義を支える表現の自由のような権利を守るためには積極性を発揮しなければならない、といった考え方を学ぶようになって、疑問がやや解けたような気がしたものでした。

裁判員制度の趣旨、意義からは、その判断は十分に尊重されなければならないと思いますが、人の生命に関わる死刑という究極の刑罰に関し、裁判員の判断が重すぎて不当であると上級審の裁判官が判断すれば(その前提として従来の裁判例や量刑事情の認定などにつき慎重な検討が必要であることは当然ですが)、そこは一種の安全弁のような役割を果たさなければならないのではないか、と思います。人の命は、社会を支える根源的な存在であることに思いが致されなければならないでしょう。

裁判員が、誤ることのない、無謬な存在であるかのように過剰に奉ってしまうことは、裁判員のためにも国民のためにもならないのではないか、と感じます。

引用:2014-01-27 – 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」
「裁判員の判断尊重を」犯罪被害者の会が決議 – 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」 (id:yjochi / @yjochi)

生の証拠で裁判員をできない人は見てはいけない…かもw/矢部善朗弁護士

“=========== Meta ============
“StrID : 3843
“Title : 生の証拠で裁判員をできない人は見てはいけない…かもw/矢部善朗弁護士
“Cats : モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)
“Tags : @motoken_tw,裁判員,証拠
“========== Content ==========

判決は「精神障害ではない心理学的要素の学習性無力感から責任能力を導き出そ うとしており、採用できない」と否定。/

“=========== Meta ============
“StrID : 3456
“Title : 判決は「精神障害ではない心理学的要素の学習性無力感から責任能力を導き出そうとしており、採用できない」と否定。/
“Cats : 社会・世相・時代の参考情報
“Tags : 時事・ニュース,精神鑑定,責任能力,裁判員
“========== Content ==========

2013.10.31 23:44

 兵庫県尼崎市の連続変死・行方不明事件発覚の端緒となったドラム缶遺体事件で、神戸地裁は31日、大江和子さん=当時(66)=への傷害致死などの罪に問われた長女、香愛(かえ)被告(45)ら3被告の責任能力を認め、有罪判決を宣告した。角田美代子元被告=自殺、当時(64)=に支配され、心神喪失状態だったとする弁護側の主張を退けた判決について、心理操作に詳しい立正大の西田公昭教授(社会心理学)は「判例を踏まえた妥当な判断だ」と語った。

 3被告が元被告の指示に無抵抗に従う「学習性無力感」という心理状態に陥り、行動制御能力を喪失したとする精神鑑定について、判決は「精神障害ではない心理学的要素の学習性無力感から責任能力を導き出そうとしており、採用できない」と否定。香愛被告と大江さんの次女、裕美(ゆみ)被告(42)に執行猶予を付け、裕美被告の元夫、川村博之被告(43)を実刑とした。

 判決について、西田教授は「学習性無力感が常に3被告に影響を与えていたと考えにくい。心神喪失を認定しなかった点は理解できる」と評価。「鑑定は学習性無力感ですべてを説明しようとしたことに無理がある」と指摘した。裁判員による審理については「短時間で専門的な内容を理解するには相当な苦労があっただろう」と話した。

 裁判員を務めた男女2人が閉廷後に会見し、いずれも「審理が1カ月では短かった」と振り返った。責任能力の判断について、女性は「考え方によって結果がばらばらになる」と指摘。男性は「専門家に分かりやすい説明をしてもらい、一般人である裁判員が判断することに意義があった」と述べた。

引用:【尼崎連続変死】責任能力認定した神戸地裁判決 有識者「判例踏まえた妥当な判断」 – MSN産経ニュース

大分の、大痛裁判員。→裁判員が被告の少年を怒鳴る/落合洋司弁護士

“=========== Meta ============
“StrID : 3336
“Title : 大分の、大痛裁判員。→裁判員が被告の少年を怒鳴る/落合洋司弁護士
“Cats : 社会・世相・時代の参考情報,弁護士
“Tags : 落合洋司弁護士(東京弁護士会),@yjochi,裁判員,言及予定
“========== Content ==========

「自分なら美代子元被告に抵抗できたか考えていただきたい」。21日の最終弁論で川村被告の弁護人は裁判員らに問いかけ、無罪を訴えた。/尼崎変死、3被告に求刑

“=========== Meta ============
“StrID : 3313
“Title : 「自分なら美代子元被告に抵抗できたか考えていただきたい」。21日の最終弁論で川村被告の弁護人は裁判員らに問いかけ、無罪を訴えた。/尼崎変死、3被告に求刑
“Cats : 社会・世相・時代の参考情報,弁護士
“Tags : 弁護士,弁護人,裁判員,無罪
“========== Content ==========

■裁判員「なぜ逃げなかったのか」

 「自分なら美代子元被告に抵抗できたか考えていただきたい」。21日の最終弁論で川村被告の弁護人は裁判員らに問いかけ、無罪を訴えた。

 家族間暴力の強要、たばこの火を顔に押しつけるなどの暴行、絶食、睡眠やトイレの制限……。先月25日から12回の公判では、美代子元被告のすさまじい虐待の実態が明かされた。「息をする以外はすべて指示に従った」。川村被告は被告人質問で当時をそう振り返った。被告3人をまっすぐ見つめ、涙を流しながら供述を聞く裁判員もいた。

 裁判員自ら、「なぜ逃げなかったのか」「美代子元被告になぜ取り込まれたのか」と質問する場面も。香愛被告は「逃げても突き止められ、残った家族が嫌がらせを受けると思った」、川村被告は「恐怖が根底にあるが、仕事のアドバイスをもらって恩を受けた」と答えた。

 弁護側の請求に基づいて地裁が実施した精神鑑定は、3人が美代子元被告に完全に「支配」され、責任能力は失われていたと結論づけた。検察側は鑑定手法に誤りがあるとして結果の信用性を否定。裁判員らは今後の評議で、3人の刑事責任能力の有無について判断する。(青田貴光)

引用:「息する以外、指示に従った」 尼崎変死、3被告に求刑:朝日新聞デジタル

裁判員制度は裁判する資格のない者が裁判する制度であることがはっきりしてき た、と言えるのではないか?/矢部善朗弁護士

“=========== Meta ============
“StrID : 3198
“Title : 裁判員制度は裁判する資格のない者が裁判する制度であることがはっきりしてきた、と言えるのではないか?/矢部善朗弁護士
“Cats : モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)
“Tags : @motoken_tw,裁判員,資格,制度,言及予定
“========== Content ==========

人を裁くということには、非常に大きな責任と覚悟が必要だということを、裁判 官たち自身が忘れているのではないか?/矢部善朗弁護士

“=========== Meta ============
“StrID : 3196
“Title : 人を裁くということには、非常に大きな責任と覚悟が必要だということを、裁判官たち自身が忘れているのではないか?/矢部善朗弁護士
“Cats : モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)
“Tags : @motoken_tw,裁判員,遺族,言及予定
“========== Content ==========

裁判官の良心と裁判員の良心<元検弁護士のつぶやき>

裁判官の良心と裁判員の良心

 先ほどアップしたエントリに引用した日本裁判官ネットワークオピニオンのページの伊東武是神戸家庭裁判所判事の意見の中に

死刑求刑事件  死刑求刑の事件にあたっても(めったにあるものではないが),どうしても,死刑という刑に反対ならば,あるいは,死刑まではどうしても踏み切れなければ,当然のことながら,それを主張すればよい。他の人に遠慮することはない。迷えば,ここでも被告人に利益に判断して,死刑ではなく,無期懲役などを主張すればよい。

というものがありますが、伊東判事は、裁判員にはいわゆる裁判官の良心と同様の判断基準を求めていないのかな、と感じました。

 裁判官には、憲法上「裁判官の独立」というものが認められており、

 憲法76条3項
 すべて裁判官は、その良心に従ひ独立してその職権を行ひ、この憲法及び法律にのみ拘束される。

と規定されています。

 そして、「すべて裁判官は、その良心に従ひ」の「良心」というのは

 裁判官個人の主観的な良心ではなく、客観的良心、すなわち、裁判官としての良心であると解されている。
 (芦部信喜憲法第3版P327)

とされています。

 私が受験時代に読んだ別の憲法学者の本には、「客観的良心」の例として死刑判決をあげ、裁判官の個人的見解としては死刑廃止論者であったとしても、現行法が死刑を定めている以上は、死刑に相当する罪には死刑を科すというのが裁判官の客観的良心に従うということである、というような説明があったと記憶しています。少なくとも私はそのように理解しています。

 しかし伊東判事は、裁判員に対しては死刑存廃の議論に関する裁判員個人の見解または信念に従って量刑意見を決めていいと考えているようです。
 憲法76条は裁判官に関する規定ですから、裁判員について別異の考え方をとったからといって直ちに憲法違反になるかどうかはわかりませんが、少なくとも2点の疑問があります。

 1点目は、一つの裁判体の中に、裁判に対する基本的なスタンスについて異なる者が混在していてもいいのだろうかという疑問です。
 裁判員制度とはそういうものだ、と言われればそれまでですが。

 2点目は、裁判員が自己の信念によって死刑を回避するというのであればそれは一つの見識ですし、制度設計上もそのような信念を組み込むことは不適切とは限らないと思いますが、単に、自分は人殺しになりたくないというような感情的な死刑忌避反応を助長することになるとしたら問題が生じるのではなかろうかという疑問というか危惧です。

 なお、引用の見解は、伊東判事の署名投稿ですので個人的な見解として読むべきものと思いますが、日本裁判官ネットワーク内では多数意見なのでしょうか?
 最高裁はどう考えているのでしょう?
モトケン (2008年6月27日 11:19) | コメント(61) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

引用:裁判官の良心と裁判員の良心 – 元検弁護士のつぶやき

送信者 元検弁護士のつぶやき-2013

送信者 元検弁護士のつぶやき-2013