悲惨な事件で、被害者から訴えられて和解期日にお金を持っていったとき、原告 代理人はニコニコして数えとった/弁護士奥村徹

“=========== Meta ============
“StrID : 6502
“Title : 悲惨な事件で、被害者から訴えられて和解期日にお金を持っていったとき、原告代理人はニコニコして数えとった/弁護士奥村徹
“Cats : 弁護士
“Tags : 弁護士奥村徹,@okumuraosaka,被害者,弁護士
“========== Content ==========

悲惨な事件で、被害者から訴えられて和解期日にお金を持っていったとき、原告代理人はニコニコして数えとった

— 弁護士奥村徹(大阪弁護士会) (@okumuraosaka) 2011, 10月 21

広告

無料でやってる事件で、被害者から「弁護士に払う金があるんならこっちに払 え」とか言われることがありますが、/弁護士奥村徹

“=========== Meta ============
“StrID : 6500
“Title : 無料でやってる事件で、被害者から「弁護士に払う金があるんならこっちに払え」とか言われることがありますが、/弁護士奥村徹
“Cats : 弁護士
“Tags : 弁護士奥村徹,@okumuraosaka,被害者,弁護士,言及予定
“========== Content ==========

無料でやってる事件で、被害者から「弁護士に払う金があるんならこっちに払え」とか言われることがありますが、被害者の代理人からも言われましたよ。おたくの着手金を吐きだしてもらったほうが被害者の取り分が増えまっせ。

— 弁護士奥村徹(大阪弁護士会) (@okumuraosaka) 2012, 3月 30

被害者の10人中9人は保険会社のいいなりになっている状況です。弁護士に相談 し、交渉すると2~3倍、極端にいうと10倍の金額が支払われることもありま す」/弁護士奥村徹

“=========== Meta ============
“StrID : 6498
“Title : 被害者の10人中9人は保険会社のいいなりになっている状況です。弁護士に相談し、交渉すると2~3倍、極端にいうと10倍の金額が支払われることもあります」/弁護士奥村徹
“Cats : 弁護士
“Tags : 弁護士奥村徹,@okumuraosaka,被害者,保険会社,弁護士,交渉,相談,言及予定
“========== Content ==========

被害者の10人中9人は保険会社のいいなりになっている状況です。弁護士に相談し、交渉すると2~3倍、極端にいうと10倍の金額が支払われることもあります」  http://t.co/LUyZ14Zg #getnewsfeed @getnewsfeedさんから

— 弁護士奥村徹(大阪弁護士会) (@okumuraosaka) 2012, 7月 7

被害者の生命の危険より加害者のプライバシーが大切?警察やめて弁護士にでも なるべきだな。→“元妻への接近禁止命令”被害女性に伝えず/落合洋司弁護士

“=========== Meta ============
“StrID : 6282
“Title : 被害者の生命の危険より加害者のプライバシーが大切?警察やめて弁護士にでもなるべきだな。→“元妻への接近禁止命令”被害女性に伝えず/落合洋司弁護士
“Cats : 社会・世相・時代の参考情報,弁護士
“Tags : 落合洋司弁護士(東京弁護士会),@yjochi,被害者,加害者,弁護士,警察,言及予定
“========== Content ==========

被害者の生命の危険より加害者のプライバシーが大切?警察やめて弁護士にでもなるべきだな。→“元妻への接近禁止命令”被害女性に伝えず | 日テレNEWS24 http://t.co/gbbc9urTK4

— 落合洋司 (@yjochi) 2014, 5月 5

従来、誤った判断、処理で、この種事件を次々とつぶし被害者、遺族を崖下に突 き落とすようなことを繰り返してきた検察庁は、その愚かさ、馬鹿さ加減に思い 至って、/落合洋司弁護士

“=========== Meta ============
“StrID : 6222
“Title : 従来、誤った判断、処理で、この種事件を次々とつぶし被害者、遺族を崖下に突き落とすようなことを繰り返してきた検察庁は、その愚かさ、馬鹿さ加減に思い至って、/落合洋司弁護士
“Cats : 社会・世相・時代の参考情報,弁護士
“Tags : 落合洋司弁護士(東京弁護士会),@yjochi,強制起訴,不起訴,被害者,検察庁,言及予定,Picasaウェブアルバム
“========== Content ==========

http://jp.wsj.com/article/JJ10647337226611384823618717629523198486689.html

伊東裁判長は「技量などが未熟な者が強い力で投げられ、畳に打ち付けられれば、身体各部に無理な力が加わり、何らかの障害が発生し得ることは十分予見できた」と指摘。「受け身の習得が十分ではない小学生を、技量・体格などに応じた適切な力加減を怠り、投げ技をかけた」と過失を認め、弁護側の無罪主張を退けた。

その上で、「相当数の指導者が、頭部さえ打たなければ重大事故は起きないとの思い込みを前提に指導していたことがうかがわれる」と述べ、柔道指導の現状に警鐘を鳴らした。

以前に、私が担当していた同種事件では、上記の裁判所による認定のような主張を強くしていたのですが(「技量などが未熟な者が強い力で投げられ、畳に打ち付けられれば、身体各部に無理な力が加わり、何らかの障害が発生し得ることは十分予見できた」といった趣旨のことを一生懸命書面で書いていたのが思い出されます)、不起訴になり、検察審査会で不起訴不当の議決が出たものの、再度、不起訴になって、刑事事件としては不発に終わってしまいました(民事事件では勝訴判決が出て確定しましたが)。

柔道技かけ重傷、不起訴は不当 横浜、教諭の再捜査求める

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20091212#1260547369

柔道指導者強制起訴へ 両親「柔道界変わって」

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20130308#1362706168

柔道元指導員は無罪主張「技量配慮」 松本事故で初公判

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20130802#1375440691

上記の、柔道指導者強制起訴へ 両親「柔道界変わって」、のエントリーでコメントしたように、検察庁の、この種の事件に関する予見可能性についての従来の考え方は、「具体性」を過度に要求しすぎている上、被疑者(行為者)の、傷害発生のメカニズムについての知見が乏しければ具体性を否定するという致命的な誤りを犯していたものでした。それでは、横着で物を知らなければ知らないほど刑事責任が問われないということになってしまいますが、それはおかしいでしょう。柔道事故の危険性は既に以前から指摘されていて多数の死傷者が出ているわけですから、指導をするなら(特に上記のような年少者の指導においては)そういった事情を学んでから指導すべきで、知らずに危険なことをやれば、医師が知っているような細かいメカニズムまでは把握していなくても、刑法上の予見可能性としては十分とすべきであって、上記の長野地裁の判決は、そこを適切に捉えたものという印象を受けます。

従来、誤った判断、処理で、この種事件を次々とつぶし被害者、遺族を崖下に突き落とすようなことを繰り返してきた検察庁は、その愚かさ、馬鹿さ加減に思い至って、今後、適切な過失認定を行うようにすべきだと痛感します。

引用:2014-05-01 – 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」

権力者が英霊という言葉を使うのは非常に欺瞞的だ。戦争加害者やその末裔が、 戦争被害者を英霊という名のもとに祭り上げて、戦争を起こした/矢部善朗弁護 士

“=========== Meta ============
“StrID : 4566
“Title : 権力者が英霊という言葉を使うのは非常に欺瞞的だ。戦争加害者やその末裔が、戦争被害者を英霊という名のもとに祭り上げて、戦争を起こした/矢部善朗弁護士
“Cats : モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)
“Tags : @motoken_tw,権力者,責任,正当化,被害者
“========== Content ==========

既に捜査機関とも連携を取っております。その為、両事件について、被害者の被 害回復と、既に被害に遭われて気付いていない方の覚醒、新たな被害の防止のた め、広く情報提供を募集/落合洋司弁護士

“=========== Meta ============
“StrID : 4376
“Title : 既に捜査機関とも連携を取っております。その為、両事件について、被害者の被害回復と、既に被害に遭われて気付いていない方の覚醒、新たな被害の防止のため、広く情報提供を募集/落合洋司弁護士
“Cats : 社会・世相・時代の参考情報,弁護士
“Tags : 落合洋司弁護士(東京弁護士会),@yjochi,情報提供,捜査機関,被害者,弁護士ブログ
“========== Content ==========

現在、グローバル・ファイナンシャル・サポート株式会社(GFS)及びイニシア・スター証券株式会社、イニシア・スターアセットマネジメント株式会社による投資被害につき、当職らは弁護団を結成し(現在の所属弁護士は団長落合洋司、高木薫、前田領、久保有希子の4名)、刑事、民事の法的措置を開始しております。

既に捜査機関とも連携を取っております。その為、両事件について、被害者の被害回復と、既に被害に遭われて気付いていない方の覚醒、新たな被害の防止のため、広く情報提供を募集しています(但し無償です。)

1.GFSから郵送されてきた配当通知、償還通知の郵送物で、特に【封筒】をまだお持ちの方は、至急下記まで匿名で結構ですので【封筒】を郵送してください。

2.グローバル・ファイナンシャル・サポート株式会社とその元従業員に関する有益情報を求めます。

3.イニシア・スター証券株式会社とその元従業員に関する有益情報を求めます。

4.LHファンドに関する有益情報を求めます。

5.ISフロンティア1号2号に関する有益情報を求めます。

6.イニシア・スターアセットマネジメント株式会社とその元従業員に関する有益情報を求めます。

7.有限会社F・バイヤーとその元従業員に関する有益情報を求めます。

〒108-0074

東京都港区高輪2-16-38 秀和第2高輪レジデンス504

泉岳寺前法律事務所

弁護士 落 合 洋 司   宛

電話 03-6277-3696

FAX 03-6277-3697

弁護団 アドレス gfs_is_bengodan@kib.biglobe.ne.jp

こちらでも告知しています。

http://blog.goo.ne.jp/gfsis-bengodan/e/c22798095f7d792f7648ccf8767d52b6

引用:2013-12-19 – 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」