判決は「精神障害ではない心理学的要素の学習性無力感から責任能力を導き出そ うとしており、採用できない」と否定。/

“=========== Meta ============
“StrID : 3456
“Title : 判決は「精神障害ではない心理学的要素の学習性無力感から責任能力を導き出そうとしており、採用できない」と否定。/
“Cats : 社会・世相・時代の参考情報
“Tags : 時事・ニュース,精神鑑定,責任能力,裁判員
“========== Content ==========

2013.10.31 23:44

 兵庫県尼崎市の連続変死・行方不明事件発覚の端緒となったドラム缶遺体事件で、神戸地裁は31日、大江和子さん=当時(66)=への傷害致死などの罪に問われた長女、香愛(かえ)被告(45)ら3被告の責任能力を認め、有罪判決を宣告した。角田美代子元被告=自殺、当時(64)=に支配され、心神喪失状態だったとする弁護側の主張を退けた判決について、心理操作に詳しい立正大の西田公昭教授(社会心理学)は「判例を踏まえた妥当な判断だ」と語った。

 3被告が元被告の指示に無抵抗に従う「学習性無力感」という心理状態に陥り、行動制御能力を喪失したとする精神鑑定について、判決は「精神障害ではない心理学的要素の学習性無力感から責任能力を導き出そうとしており、採用できない」と否定。香愛被告と大江さんの次女、裕美(ゆみ)被告(42)に執行猶予を付け、裕美被告の元夫、川村博之被告(43)を実刑とした。

 判決について、西田教授は「学習性無力感が常に3被告に影響を与えていたと考えにくい。心神喪失を認定しなかった点は理解できる」と評価。「鑑定は学習性無力感ですべてを説明しようとしたことに無理がある」と指摘した。裁判員による審理については「短時間で専門的な内容を理解するには相当な苦労があっただろう」と話した。

 裁判員を務めた男女2人が閉廷後に会見し、いずれも「審理が1カ月では短かった」と振り返った。責任能力の判断について、女性は「考え方によって結果がばらばらになる」と指摘。男性は「専門家に分かりやすい説明をしてもらい、一般人である裁判員が判断することに意義があった」と述べた。

引用:【尼崎連続変死】責任能力認定した神戸地裁判決 有識者「判例踏まえた妥当な判断」 – MSN産経ニュース

広告

弁護側の請求に基づいて地裁が実施した精神鑑定は、3人が美代子元被告に完全 に「支配」され、責任能力は失われていたと結論づけた。/尼崎変死、3被告に 求刑

“=========== Meta ============
“StrID : 3316
“Title : 弁護側の請求に基づいて地裁が実施した精神鑑定は、3人が美代子元被告に完全に「支配」され、責任能力は失われていたと結論づけた。/尼崎変死、3被告に求刑
“Cats : 社会・世相・時代の参考情報,弁護士
“Tags : 弁護士,精神鑑定,責任能力
“========== Content ==========

■裁判員「なぜ逃げなかったのか」

 「自分なら美代子元被告に抵抗できたか考えていただきたい」。21日の最終弁論で川村被告の弁護人は裁判員らに問いかけ、無罪を訴えた。

 家族間暴力の強要、たばこの火を顔に押しつけるなどの暴行、絶食、睡眠やトイレの制限……。先月25日から12回の公判では、美代子元被告のすさまじい虐待の実態が明かされた。「息をする以外はすべて指示に従った」。川村被告は被告人質問で当時をそう振り返った。被告3人をまっすぐ見つめ、涙を流しながら供述を聞く裁判員もいた。

 裁判員自ら、「なぜ逃げなかったのか」「美代子元被告になぜ取り込まれたのか」と質問する場面も。香愛被告は「逃げても突き止められ、残った家族が嫌がらせを受けると思った」、川村被告は「恐怖が根底にあるが、仕事のアドバイスをもらって恩を受けた」と答えた。

 弁護側の請求に基づいて地裁が実施した精神鑑定は、3人が美代子元被告に完全に「支配」され、責任能力は失われていたと結論づけた。検察側は鑑定手法に誤りがあるとして結果の信用性を否定。裁判員らは今後の評議で、3人の刑事責任能力の有無について判断する。(青田貴光)

引用:「息する以外、指示に従った」 尼崎変死、3被告に求刑:朝日新聞デジタル

責任能力を争うことくらいしか弁護のやり方がないというのが本音だろう<元検 弁護士のつぶやき>

弁護人の主張について

 ブログの紹介記事に対して洗足さんからコメントと質問をいただきました。

ところで、このような凶悪事件(山口県母子殺人など)において、被告が事件当時は自身は発狂状態で事件に対する責任は無い、と主張した場合どうなるのでしょうか?

というものです。

 まず最初に注意しておかなければいけないことは、主張はあくまでも主張つまり言い分であって、それが裁判で認められるかどうかは別問題であるということです。
 ネットでよくみる意見の中に、弁護士が心神喪失の主張をしたら、当然に精神鑑定が行われて無罪になってしまう、というような意見があるのですが、これははっきり言って間違いです。

 心神喪失というのは責任能力がないということですが、責任能力というのは平たく言いますと、やっていいことと悪いことの区別がついてやって悪いことはやめることができる能力という意味です。
 心神耗弱というのは今述べた能力が著しく低下している状態を言います。

 普通の人は皆、責任能力を持っています。
 責任能力があるのが原則であると言い換えてもいいです。
 ですから、責任能力がないと主張する側(刑事裁判では被告・弁護側)が、責任能力に疑いを生じさせる具体的な事情や状況をまず指摘するなり立証するなりしなければなりません。
 たんに、責任能力がないと言っただけでは、裁判所は耳を貸しません。

 ただし、多くの人が目を背けるような残虐非道な事件については、多かれ少なくれ常軌を逸している部分がありますから、それを指摘して責任能力を争い、精神鑑定を請求する事例が多くなります。
 ぶっちゃけた話をしますと、そのような残虐非道な事件においては、弁護人としても、責任能力を争うことくらいしか弁護のやり方がないというのが本音だろうと思います。
 紹介したブログで指摘されていますように、弁護人としては、とにもかくにも何か弁護できるところを探さなければいけないのです。
 母子殺害事件においても犯行の凶悪さだけから見れば、心神耗弱の主張くらいでてもなにもおかしくないと思います。
 精神鑑定の採否が別ですが。

 裁判所としても、残虐非道な事件に対しては死刑を含む重罰を考慮しなければなりませんから、勢い審理が慎重になり、念のために精神鑑定をやっておこうかという気になる場合が多いと思われます。

 しかし、宮崎勤の例でもわかりますが、心神喪失や心神耗弱はそうそう認められるものではありません。

 さきほど母子殺害事件においても責任能力に関する主張があってもおかしくないと書きましたが、現実的には、被告人が罪証隠滅工作をしていることから責任能力を争うことは困難だろうと思います。
 罪証隠滅工作というのは、自分の行為がやってはいけないことを認識している決定的な根拠になるからです。

 ですから、安田弁護士らもさすがに心神喪失または心神耗弱の主張はしなかったものと思います。
 弁護団としては、殺意を争うか責任能力を争うかの二者択一を迫られたと思いますが、司法解剖鑑定書を根拠に前者を選択したのでしょう。

 ただし、ただしです。
 他の弁護士の具体的な弁護主張を批判するのは気が引けるところがあるのですが(私は結構安田弁護士を批判してますが、そのほとんどは手続や訴訟進行に関するものです。)、記者会見までして主張されたことですので意見を述べさせていただきますと、どうも子供さんに対する殺意を否認する理由として

「赤ん坊については泣き止ますために首に紐でちょうちょ結びしようとしただけ」

という主張がなされているようですね。

  さすがにこれにはついていけません。

 母親に対する主張はそれなりに根拠が示されていますが(説得力の有無をともかく)、ちょうちょ結びの根拠はいかなるものなのでしょうか。
 もし被告人の弁解以外に何の根拠もないのであれば、この主張(その表現を含めて)は、あらゆる面において逆効果のように思われます。
モトケン (2006年4月23日 16:04) | コメント(2) | トラックバック(1) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

引用:弁護人の主張について – 元検弁護士のつぶやき

送信者 元検弁護士のつぶやき

送信者 元検弁護士のつぶやき

送信者 元検弁護士のつぶやき