平成の司法改革ではこういう社会を目指したはずです。/小倉秀夫弁護士

“=========== Meta ============
“StrID : 5770
“Title : 平成の司法改革ではこういう社会を目指したはずです。/小倉秀夫弁護士
“Cats : 弁護士
“Tags : @Hideo_Ogura,小倉秀夫弁護士,司法改革,社会
“========== Content ==========

平成の司法改革ではこういう社会を目指したはずです。RT @tamai1961: 法格言「強情者と馬鹿が法律家を太らせる」 @kentakeuchi2003: 小保方さんに弁護士が4人もついてるそうですね…小保方さんは、弁護士さんに支払えるのでしょうか? この件の事情は全く知り

— 小倉秀夫 (Lee mi prof) (@Hideo_Ogura) 2014, 4月 5

広告

中国の毒入り餃子事件みたくなってきた…。発生場所は国内。 →マルハ、出荷前 に農薬混入か 苦情13都府県から/ジャーナリスト江川紹子

“=========== Meta ============
“StrID : 4475
“Title : 中国の毒入り餃子事件みたくなってきた…。発生場所は国内。 →マルハ、出荷前に農薬混入か 苦情13都府県から/ジャーナリスト江川紹子
“Cats : メディア・マスコミ・ジャーナリスト関係
“Tags : 江川紹子,@amneris84,社会
“========== Content ==========

知能犯捜査のレベルが落ちている、というのは、社会内で腐敗が進むことにつな がり、問題だと思う。/落合洋司弁護士

“=========== Meta ============
“StrID : 4463
“Title : 知能犯捜査のレベルが落ちている、というのは、社会内で腐敗が進むことにつながり、問題だと思う。/落合洋司弁護士
“Cats : 社会・世相・時代の参考情報,弁護士
“Tags : 落合洋司弁護士(東京弁護士会),@yjochi,知能犯,捜査,レベル,社会,腐敗,問題
“========== Content ==========

悪いことをしなくても捕まることがあるんだけど。/矢部善朗弁護士

“=========== Meta ============
“StrID : 3318
“Title : 悪いことをしなくても捕まることがあるんだけど。/矢部善朗弁護士
“Cats : モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)
“Tags : @motoken_tw,言及予定,社会,実名報道,逮捕
“========== Content ==========

「社会」って誰ですか?/矢部善朗弁護士

“=========== Meta ============
“StrID : 3311
“Title : 「社会」って誰ですか?/矢部善朗弁護士
“Cats : モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)
“Tags : @motoken_tw,言及予定,社会,実名報道,逮捕,監視
“========== Content ==========

性犯罪者を報告するにはどうすればよいですか。 /Facebookヘルプセンター

性犯罪者を報告するにはどうすればよいですか。
性犯罪者はFacebookを使用することを禁止されています。Facebookでは、性犯罪者であることを確認でき次第、即座にそのアカウントを停止し、その人のアカウントおよび関連するすべての情報を削除します。

性犯罪者であることを確認するために、以下の情報を受け付けています。

性犯罪登録リストへのリンク
該当するオンラインニュース記事へのリンク
裁判関係書類へのリンク
性犯罪者報告フォームに添付した報告書の内容を証明する文書

情報を提供できない場合は、地元警察に弊社までご連絡いただけるようご依頼いただければ、対応させていただきます。

性犯罪者のアカウントを見かけた場合は、報告してください。情報を確認させていただきます。

引用:性犯罪者を報告するにはどうすればよいですか。 | Facebookヘルプセンター

ご自身の名誉というものについてどうお考えなのかよくわかりません

セクハラ癖認定に対するコメント

植草氏の「セクハラ癖」を地裁が認定 サンデー毎日訴訟(asahi.com 2008年9月9日8時5分)

 この判決については、Matimulog でも言及されており(植草元教授のセクハラ癖)、判決の論理については、私も町村先生と同様に釈然としないところがあるのですが、ここでは、この判決に対する植草氏のコメントを指摘します。

 判決について、植草元教授は「『セクハラ癖』が存在したと認定した点に不満が残るが、妥当な判断が示されたと考えている」などとするコメントを出した。

 認容額は少額ですが、一応(一部)勝訴判決ではあります。
 しかし、現在、その後の痴漢事件について上告中の植草氏としては、セクハラ癖を認定した判決に対して、不満を述べつつも「妥当な判断」という感覚が理解できません。
 この裁判では、植草氏のセクハラ癖の有無こそが植草氏にとっては最も重大な争点だったのではないかと思うですが、ご本人としてはそうではないようです。

 不可解です。
 ともかく訴訟に勝てばいいんでしょうか?
 たしかに、訴訟法的には、訴訟は結果が全てであり、判決理由中の判断(セクハラ癖認定など)は極論すればどうでもいいんですけど、世間的にはそうじゃないんじゃないでしょうか。
 ご自身の名誉というものについてどうお考えなのかよくわかりません。
モトケン (2008年9月 9日 09:31) | コメント(1) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

引用:セクハラ癖認定に対するコメント – 元検弁護士のつぶやき

送信者 元検弁護士のつぶやき-2013