被害者の10人中9人は保険会社のいいなりになっている状況です。弁護士に相談 し、交渉すると2~3倍、極端にいうと10倍の金額が支払われることもありま す」/弁護士奥村徹

“=========== Meta ============
“StrID : 6498
“Title : 被害者の10人中9人は保険会社のいいなりになっている状況です。弁護士に相談し、交渉すると2~3倍、極端にいうと10倍の金額が支払われることもあります」/弁護士奥村徹
“Cats : 弁護士
“Tags : 弁護士奥村徹,@okumuraosaka,被害者,保険会社,弁護士,交渉,相談,言及予定
“========== Content ==========

被害者の10人中9人は保険会社のいいなりになっている状況です。弁護士に相談し、交渉すると2~3倍、極端にいうと10倍の金額が支払われることもあります」  http://t.co/LUyZ14Zg #getnewsfeed @getnewsfeedさんから

— 弁護士奥村徹(大阪弁護士会) (@okumuraosaka) 2012, 7月 7

広告

身近に相談できる人がいない、または、いてもその助言を聞き入れることができ ないというのは不幸なことだな。/矢部善朗弁護士

“=========== Meta ============
“StrID : 5752
“Title : 身近に相談できる人がいない、または、いてもその助言を聞き入れることができないというのは不幸なことだな。/矢部善朗弁護士
“Cats : モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)
“Tags : @motoken_tw,相談
“========== Content ==========

身近に相談できる人がいない、または、いてもその助言を聞き入れることができないというのは不幸なことだな。

— モトケン (@motoken_tw) 2014, 4月 4

こうした問題は、生活保護に詳しい専門家に相談することにより、解決すること が可能です。弁護士、司法書士による無料相談窓口としては

“=========== Meta ============
“StrID : 4604
“Title : こうした問題は、生活保護に詳しい専門家に相談することにより、解決することが可能です。弁護士、司法書士による無料相談窓口としては
“Cats : 社会・世相・時代の参考情報,弁護士
“Tags : 弁護士,生活保護,専門家,問題,相談
“========== Content ==========

なぜ経済大国・日本で「餓死者」が出るのか 「悲劇」を防ぐ手段はどこにある?

弁護士ドットコム 1月15日(水)11時26分配信
なぜ経済大国・日本で「餓死者」が出るのか 「悲劇」を防ぐ手段はどこにある?

結局のところ、食うにも困るような「生活苦」に陥ったら、途方に暮れるしかないのか?

電気、ガス、水道が止められ、冷蔵庫にはマヨネーズなどの空容器のみ……。そんな大阪市の団地の一室で昨年11月中旬、31歳の女性の遺体が発見された。死因は餓死か衰弱死とみられ、死後1~2カ月経っていたという。

報道によると、この女性は約4年前に生活保護の相談で区役所を訪れたものの受給には至らず、最近は「お金がない」と親族に訴えていたという。経済大国といわれる日本だが、餓死や孤立死などの悲惨なニュースは絶えることがない。生活保護に対する風当たりは強まり、行政による窓口対応の問題点も指摘されている。

結局のところ、食うにも困るような「生活苦」に陥ったら、途方に暮れるしかないのか。今回のような悲劇を防ぐには、どうしたらいいのだろうか。貧困問題に取り組む戸舘圭之弁護士に聞いた。

●憲法は「生存権」を保障している

「誰でも、さまざまなきっかけで貧困状態に陥ります。貧困は自己責任ではありません」

戸舘弁護士はこのように切り出した。自己責任ではない、となれば、誰の責任になるのだろうか?

「日本国憲法25条1項は『すべて国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利』を保障しています。いわゆる『生存権』です。

これは、貧困は自己責任ではなく、国の政策の失敗の結果であることから、すべての人に対して『人間らしく生きる権利』すなわち『生存権』を国家が責任をもって保障するという規定です。

生活保護は、この憲法25条に基づく国の制度としてあるのです」

努力によって貧困を避けられたケースもあるのでは?

「生活保護は、生活に困っている人ならば誰でも、困窮に陥った原因を問うことなく無差別平等に利用できる制度です。したがって、生活に苦しくなり、毎日の食事にも困るような状態になれば、当然に生活保護を利用し、生活費や住宅費、医療費等の支給を受けることができます。

努力することはいいことですが、誰でも努力できるわけではありませんし、そもそも努力するためにも最低限の経済的な基盤は必要です。現に貧困状態にある人に努力などを要求して保護を拒絶することは、その人に不可能を強いることであり、『努力しない人間は死んでもかまわない』と言っているに等しいと思います」

●「生活保護制度を遠慮せずに利用しましょう」

そういう制度があるのに、現実には餓死や衰弱死が存在するのは、なぜなのだろうか?

「現実には、生活保護を申請しようと役所(福祉事務所)の窓口に行っても、『まだ若いから働きなさい』『親族に扶養してもらいなさい』『ホームレスは生活保護を受けられません』『住所がないからダメです』『他の制度を利用してください』などと告げられ、追い返されるケースが後を絶ちません。

しかし、こういった口実は、生活保護の申請を受け付けない理由にはなりません。このような役所の窓口対応は『水際作戦』と呼ばれ、明らかに違法なのです。

こうした問題は、生活保護に詳しい専門家に相談することにより、解決することが可能です。弁護士、司法書士による無料相談窓口としては首都圏生活保護支援法律家ネットワーク(http://www.seiho-law.info/)などがあります」

たとえば、周囲に裕福な親族がいる場合にも、生活保護は受けられるのだろうか?

「親族の援助、扶養を受けることも、生活保護を受けるための要件ではありません。

昨年、生活保護法が一部改正されましたが、憲法25条に基づく最低限度の生活を国の責任で無差別平等に保障するという基本的な考え方は全く変わっていません。

とにかく生活に困ったら、生活保護制度を遠慮せずに利用しましょう」

(弁護士ドットコム トピックス)

【取材協力弁護士】
戸舘 圭之(とだて・よしゆき)弁護士
民事事件、刑事事件、労働事件等に取り組みながら、ホームレス、生活保護などの貧困問題や追い出し屋対策などの住まいの問題にも取り組んでいる。
第二東京弁護士会、首都圏追い出し屋対策会議事務局長、ホームレス総合相談ネットワーク、青年法律家協会弁護士学者合同部会副議長、首都圏青年ユニオン顧問弁護団
事務所名:代々木総合法律事務所
事務所URL:http://www.yoyogi-law.gr.jp/

弁護士ドットコム トピックス編集部

引用:なぜ経済大国・日本で「餓死者」が出るのか 「悲劇」を防ぐ手段はどこにある? (弁護士ドットコム) – Yahoo!ニュース

逮捕されるようなことをした人から逮捕されないようにしてくれという相談が多 くて、そんな秘策なんかないのに、「弁護士だったらやれるでしょ」みたいに迫 れれる。/弁護士奥村徹

“=========== Meta ============
“StrID : 3914
“Title : 逮捕されるようなことをした人から逮捕されないようにしてくれという相談が多くて、そんな秘策なんかないのに、「弁護士だったらやれるでしょ」みたいに迫れれる。/弁護士奥村徹
“Cats : 弁護士
“Tags : 弁護士奥村徹,@okumuraosaka,逮捕,相談,弁護士,言及予定
“========== Content ==========

費用倒れになるような個人の事件というのは、相談を受ける度に「泣き寝入りし ろというんか」と言われるので、回避したい。顧客不満足必至だから。/弁護士 奥村徹

“=========== Meta ============
“StrID : 3757
“Title : 費用倒れになるような個人の事件というのは、相談を受ける度に「泣き寝入りしろというんか」と言われるので、回避したい。顧客不満足必至だから。/弁護士奥村徹
“Cats : 弁護士
“Tags : 弁護士奥村徹,@okumuraosaka,弁護士業務,費用,相談
“========== Content ==========

学校でのいじめや体罰の問題に詳しい弁護士が、被害者や遺族の相談を受け付け る全国初のネットワーク「学校事件・事故被害者全国弁護団」が17日、発足し た。16都道府県の弁護士約60人が加入、全国から参加を募る。/日本経済新聞

“=========== Meta ============
“StrID : 3736
“Title : 学校でのいじめや体罰の問題に詳しい弁護士が、被害者や遺族の相談を受け付ける全国初のネットワーク「学校事件・事故被害者全国弁護団」が17日、発足した。16都道府県の弁護士約60人が加入、全国から参加を募る。/日本経済新聞
“Cats : 社会・世相・時代の参考情報,弁護士
“Tags : 弁護士,いじめ,被害者,遺族,相談
“========== Content ==========

 学校でのいじめや体罰の問題に詳しい弁護士が、被害者や遺族の相談を受け付ける全国初のネットワーク「学校事件・事故被害者全国弁護団」が17日、発足した。16都道府県の弁護士約60人が加入、全国から参加を募る。情報交換を図りながら、問題の「真相」解明を求めて学校や教育委員会への対応にあたり、事実関係の開示などに不備があれば訴訟も検討する。

 東京都内で創立総会が開かれ、発起人で副代表を務める野口善国弁護士(兵庫県弁護士会)は「被害者らが相談窓口を見つけやすい環境づくりに向け、全国の弁護士が協力し合う組織にしたい」と強調した。

 略称は「学校事件事故弁護団」で(1)いじめなどの被害者、遺族の話に耳を傾け寄り添う(2)子供の権利を守る立場を貫く――との理念に賛同した弁護士が参加。相談窓口を北海道、宮城、東京、愛知、兵庫、福岡など15都道府県の28カ所の弁護士事務所に開設する。

 いじめや体罰の事実関係解明を主目的とし、被害者らと一緒に学校や教委との話し合いの場に参加。全校生徒アンケートの開示などを求め、学校や教委が応じない場合は損害賠償請求訴訟を起こすことも想定している。

 創立総会で、中川明弁護士(第二東京弁護士会)とともに共同代表を務める津田玄児弁護士(東京弁護士会)は、取り組みの背景を「学校関係の事件事故が多発している」と説明した。〔共同〕

引用:いじめ相談の全国ネット始動、弁護士60人参加  :日本経済新聞