「若者はお金でふるいにかけられている」 若手弁護士が訴える「司法修習」の ゆがみ

“=========== Meta ============
“StrID : 6021
“Title : 「若者はお金でふるいにかけられている」 若手弁護士が訴える「司法修習」のゆがみ
“Cats : 社会・世相・時代の参考情報,弁護士
“Tags : 弁護士,弁護士会,日弁連,法曹,司法修習生
“========== Content ==========

2014年04月18日 11時38分
「若者はお金でふるいにかけられている」 若手弁護士が訴える「司法修習」のゆがみ
「若者はお金でふるいにかけられている」 若手弁護士が訴える「司法修習」のゆがみ

弁護士や裁判官、検事といった法曹になるには、最難関と言われる「司法試験」に合格したうえで、1年間の「司法修習」という実務訓練を受けなければいけない。その間、修習生たちが生活していくために必要なお金は、かつて、国が「給費」というかたちで支給していた。しかし、その制度は2011年に廃止されて、いまは修習生にお金を貸し出す「貸与制」が導入されている。

この貸与制は、多くの修習生たちに「借金」として重くのしかかっている。いまや8割を超える修習生が、平均300万円ほどの借金を負っているのが現状だそうだ。学生時代に奨学金を借りていた場合、それらと合わせて1000万円を超える「借金」を背負う修習生も少なくないという。

そんな状況を改めようと、給費制の復活と司法修習の充実を求める集会が4月15日、東京・永田町の参議院議員会館で開かれた。日本弁護士連合会(日弁連)の村越進会長をはじめ、多くの弁護士や国会議員らが出席した。

●「弁護士の30%が年収300万円以下という時代」

集会ではまず、貸与制を経験した野口景子弁護士が、修習生の実情を訴えた。貸与制が始まった1年目に修習生となった野口弁護士。彼女の友人の中には、家庭の経済的な事情から、優秀であるにもかかわらず、法曹の道をあきらめた人がいるという。

「これから社会に出ていく若者が、最初から300万円、あるいは、1000万円を超える借金を負っているということが、本当に普通なのでしょうか。

弁護士の30%が年収300万円以下という時代です。裁判官や検察官の人たちも、国家公務員の給与が下がっていますから、収入は減っています。『弁護士だから、裁判官だから、検察官だから、300万円くらい返せるでしょう』という時代では、もうなくなってきているのです。

こんな状況ですから、多くの若者が法律家の道をあきらめています。私の大学時代からの友人も、実家の経済的な事情から弁護士になることをあきらめてしまいました。

私は、彼女に『弁護士になる道をもう一度歩んでみないか』という一言をどうしても言うことができません。彼女の家が本当に経済的に厳しくて、司法修習生になることが、彼女の借金をあと300万円増やしてしまうことになると知っているからです。

彼女は本当に志も高く、能力もあります。でも、給費制が廃止され、貸与制に切り替わってしまった今、法律家を目指すかどうかということは、志の高さや能力などではなく、お金です。私たち若者は、お金でふるいにかけられてしまっているのです。こんなことで私たちは、次世代の子どもたちに胸を張って『法律家を目指しなよ』と言えるのでしょうか。

志が高く、優秀な人が法律家を目指すことができなくなれば、日本の司法は間違いなく空洞化します。普通に平穏に暮らしたいと思っている市民の皆さんの権利を守ることもできず、また、国際競争の中で生き残りを賭けている企業に法的なアドバイスができる人もいなくなってしまうでしょう。

給費制の問題というのは、年間2000人の司法修習生だけの問題ではありません。市民一人ひとりの問題、そして、この国の行く末を決める重大な問題なのです。

どうか、学生や幼い子供たちが、お金を理由に法律家をあきらめるということがない制度にしていただきたいと思うのです。それが、貸与制を経験した私からのお願いであり、法律家を目指す次世代の若者、子どもたちの願いです」

●日弁連会長「質の高い法曹は国の人的なインフラだ」

続いて、今年4月に日弁連会長に就任したばかりの村越会長が、司法修習制度の充実に向けて、全力で取り組む考えを明らかにした。

「給費制がなくなり、貸与制になったことで、法曹を目指すうえでの経済的な負担が大幅に増加しています。修習生の給与がなくなり、貸与になって、経済的な負担が300万円以上増えたことが、若者たちが法曹を目指すことをためらわせることになっています。そして、法曹志願者が激減しているという異常な事態が生じています。

これは大変なことです。将来にわたって、日本の司法を支え、民主主義と人権を守っていく優秀な人材が法曹界に来てくれないということです。また、この国の発展を支え、国際社会の中で日本が頑張っていくことを支える人材が乏しくなるということです。2000人の修習生だけの問題ではない、この国の将来がどうなるのかという大きな問題なのです。

私が修習生だったころは、修習は2年でした。今は1年です。この期間で大丈夫かなという思いはありますが、せめてこの1年間は修習に専念してほしい。アルバイトなどしないで、全力で一人前の法曹になるために研鑽を積んでほしいわけです。そういう、修習生が安心して、しっかり勉強できる環境を何としても早く整えなければいけないと思います。

世の中で、なぜ法曹ばかりを優遇するのか、という意見も聞かれます。しかし、この国の司法、民主主義、人権を担う、質の高い法曹は、いわばこの国の人的なインフラです。こういうものをしっかり養成して、社会に提供していくことは、医師の場合と同様に、国の責務ではないでしょうか。

ことに修習生に対する『給費』の実現を含む経済的支援の充実・強化は、喫緊の課題だと思っています。みなさんと力を合わせ、全力で取り組み、なんとしても実現してまいります」

(弁護士ドットコム トピックス)
【関連記事】

お笑いウェブサービス「ボケて」 使われている画像の「著作権」はどうなっているの?
本を買えずに回し読みする司法修習生たち 「法曹養成」のコストは国が負担すべき?
転職するので会社をやめます・・・未消化の「有給休暇」を会社に買い取ってもらえる?
夫の携帯やパソコンを勝手にチェック・・・不倫の「証拠集め」はどこまで許される?
学生を苦しめる「ブラックアルバイト」とは? 弁護士が教える4つの典型パターン

引用:「若者はお金でふるいにかけられている」 若手弁護士が訴える「司法修習」のゆがみ|弁護士ドットコムトピックス

それが法曹への道へのハードルを高くし、法科大学院進学志望者を減少させるこ とに繋がるとどうして気がつかなかったのだろう/小倉秀夫弁護士

“=========== Meta ============
“StrID : 5823
“Title : それが法曹への道へのハードルを高くし、法科大学院進学志望者を減少させることに繋がるとどうして気がつかなかったのだろう/小倉秀夫弁護士
“Cats : 弁護士
“Tags : @Hideo_Ogura,小倉秀夫弁護士,司法改革,司法修習生,法曹
“========== Content ==========

司法修習の給費制維持に反対した法科大学院の先生方は、それが法曹への道へのハードルを高くし、法科大学院進学志望者を減少させることに繋がるとどうして気がつかなかったのだろう。

— 小倉秀夫 (Lee mi prof) (@Hideo_Ogura) 2014, 4月 8

「お前ら修習生が、真っ当に扱われることなど、一般人である私が許さない」っ て言っていれば、優秀な人材ほど/小倉秀夫弁護士

“=========== Meta ============
“StrID : 5728
“Title : 「お前ら修習生が、真っ当に扱われることなど、一般人である私が許さない」って言っていれば、優秀な人材ほど/小倉秀夫弁護士
“Cats : 弁護士
“Tags : @Hideo_Ogura,小倉秀夫弁護士,司法修習生,人材,優秀,法曹
“========== Content ==========

「お前ら修習生が、真っ当に扱われることなど、一般人である私が許さない」って言っていれば、優秀な人材ほど法曹を目指さなくなるわけですよ。RT @amkud: 借金の問題は、奨学金制度を充実させるなど、他の制度設計もいくらでも考えられるにもかかわらず、

— 小倉秀夫 (Lee mi prof) (@Hideo_Ogura) 2014, 4月 2

今年も京都法曹新年会の案内が来た。裁判官,検察官の出席確保が大きな課 題。/谷山智光弁護士

“=========== Meta ============
“StrID : 3650
“Title : 今年も京都法曹新年会の案内が来た。裁判官,検察官の出席確保が大きな課題。/谷山智光弁護士
“Cats : 弁護士
“Tags : 谷山智光弁護士,@taniyama,法曹
“========== Content ==========

このブログにおける法曹の基本的スタンスを読み取った上で<元検弁護士のつぶ やき>

一部の医師に一言いいたい

 医療側の皆さんはこぞって言います。

 同じ病名でも患者によってその症状や治療方法は必ずしも同じでない
 同じ患者に対する治療方針についても医師によって判断は異なる

 これに異を唱える医師はいないと思われます。
 そしてこのブログの常連法曹もそのことを理解していると思います。
 少なくとも私は異を唱えるつもりはありません。

 法曹が本来的に扱っている法律紛争も同じだからです。
 最近コメントしましたが、法律上の争点が同じ事件でも、人(当事者だけでなく弁護士・検事・裁判官を含みます)が変われば解決方針が異なってくるのを身に染みてわかってますから、医療においても患者の個体差や医師の考え方の違いで当然治療内容は異なってくることは容易にわかります。

 しかし、一部の医師は、医療については個別判断の重要性と必要性を声高に主張するにもかかわらず、司法については個々の事件の特殊性や法曹の個性を一切無視した発言をします。

 大野病院事件を元にして、司法は検察はと言っていた医師は、富士見産婦人科病院事件における浦和地検の不起訴処分を見てどう思うのでしょうか?

 あえて名指しはしませんが、一部の医師の方については自らのダブルスタンダードを自覚していただきたいと思います。

追記
 エントリに対する投票状況を見てましたら、「町村先生へ (医療崩壊問題に関して)」に2票入ってました。
 そのエントリで私は、

 私のブログの常連さんについて言わせていただければ頭脳明晰で良識も常識もある方々です。  ネットでよく見られるステレオタイプの罵倒オタクではありません。

と書いています。
 
 しかし、当時から医師の読者が増えてきたことの当然の結果として、マスコミ報道等によって形成された司法に対するステレオタイプをそのまま持ち込んでくる方が増えてきたのかなと感じています。
 せめて投票されたエントリやコメントをこのページ経由で読んでいただいて、このブログにおける法曹の基本的スタンスを読み取った上でコメントしていただけないかなと思います。
モトケン (2007年5月31日 23:23) | コメント(53) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

引用:一部の医師に一言いいたい – 元検弁護士のつぶやき

送信者 元検弁護士のつぶやき

送信者 元検弁護士のつぶやき