30分間の相談料金を5千円(税抜き)から2千円(税込み)へ大幅に引き下げ る 来月1日から料金引き下げ 千葉県弁護士会/弁護士奥村徹

“=========== Meta ============
“StrID : 5666
“Title : 30分間の相談料金を5千円(税抜き)から2千円(税込み)へ大幅に引き下げる 来月1日から料金引き下げ 千葉県弁護士会/弁護士奥村徹
“Cats : 弁護士
“Tags : 弁護士奥村徹,@okumuraosaka,法律相談,弁護士会
“========== Content ==========

30分間の相談料金を5千円(税抜き)から2千円(税込み)へ大幅に引き下げる 来月1日から料金引き下げ 千葉県弁護士会の法律相談 | ちばとぴ ちばの耳より情報満載 千葉日報ウェブ http://t.co/AWvTQR7p3l

— 弁護士奥村徹(大阪弁護士会) (@okumuraosaka) 2014, 3月 30

広告

何が専門なのかわからない弁護士に一律に5000円払うのが理解されないのでしょ う・・・ 来月1日から料金引き下げ 千葉県弁護士会/弁護士奥村徹

“=========== Meta ============
“StrID : 5664
“Title : 何が専門なのかわからない弁護士に一律に5000円払うのが理解されないのでしょう・・・ 来月1日から料金引き下げ 千葉県弁護士会/弁護士奥村徹
“Cats : 弁護士
“Tags : 弁護士奥村徹,@okumuraosaka,法律相談,弁護士会
“========== Content ==========

何が専門なのかわからない弁護士に一律に5000円払うのが理解されないのでしょう・・・ 来月1日から料金引き下げ 千葉県弁護士会の法律相談 | ちばとぴ ちばの耳より情報満載 千葉日報ウェブ http://t.co/AWvTQR7p3l

— 弁護士奥村徹(大阪弁護士会) (@okumuraosaka) 2014, 3月 30

朝日新聞デジタルは5日夜、特定秘密保護法案への賛否や意見を募る「投稿マッ プ」へ寄せられた声をもとに、2人の弁護士に法案を解説してもらう様子をイン ターネットで生中継した。/落合洋司弁護士

“=========== Meta ============
“StrID : 4190
“Title : 朝日新聞デジタルは5日夜、特定秘密保護法案への賛否や意見を募る「投稿マップ」へ寄せられた声をもとに、2人の弁護士に法案を解説してもらう様子をインターネットで生中継した。/落合洋司弁護士
“Cats : 社会・世相・時代の参考情報,弁護士
“Tags : 落合洋司弁護士(東京弁護士会),@yjochi,秘密保護法案,弁護士,インターネット,生中継,プライバシー,人権,法律相談
“========== Content ==========

【古田大輔】朝日新聞デジタルは5日夜、特定秘密保護法案への賛否や意見を募る「投稿マップ」へ寄せられた声をもとに、2人の弁護士に法案を解説してもらう様子をインターネットで生中継した。秘密指定の範囲やチェック、処罰対象の広さなどの問題点が指摘された。

法案への意見投稿はこちら

 投稿マップに寄せられた賛成意見では《秘密を守る法律がないのはおかしい》《困るのはスパイだけ》などの書き込みがあった。

 東京地検元検事で特定秘密保護法案に詳しい落合洋司弁護士は「国家公務員法や自衛隊法がある。『こういう法律がなかった』というのは誤りだ」と指摘。秘密指定をチェックする独立した第三者機関がなく、指定範囲が不明確なままに広がる恐れにふれて、「スパイ以外でも、公務員に情報を聞く人はいる。そういう人が処罰や捜査の対象になりうる」と述べた。

 《国を守るため》《同盟国との情報共有のため》として法案に賛成する意見については「情報管理を整える意図は間違っていない。総論と各論をわけて考え、人権侵害にならない方法を議論すべきだ」と語った。

 また、機密保護について定めた米国の大統領令について、落合氏は「内部告発を押さえつける方に働いているとの批判がある」と指摘。「特定秘密保護法案が成立しても、問題点は検討し続けないといけない。それが国家、国民のため」と訴えた。

 一方、ネットで法律相談サービスを行っている「弁護士ドットコム」代表の元榮(もとえ)太一郎弁護士は、所属する弁護士100人に緊急アンケートを行った結果を紹介。賛成9人、反対85人、どちらでもないが6人だったという。

 元榮氏は「反対する人からは『秘密か否か司法判断する具体的な手続きがない』『適性評価制度でプライバシーが侵害される恐れ』『憲法が定めた知る権利や報道の自由を侵害する』などの声がある」と紹介。一方で「賛成する人からは『現行法では秘密の指定範囲も基準もわからず、かえって危険』という意見も出た」と述べた。

 解説している様子はネットで生中継され、視聴者から質問も受け付けた。《法案が定めるテロリストとは何か》という質問に、落合氏は「法案の12条には『政治上その他の主義主張に基づき、国家や他人に強要』とある」と述べ、広く解釈すればデモが対象となる可能性も指摘した。
この記事に関するニュース

秘密保護法案投稿マップへの声、ネットで生解説 5日夜(12/5)
秘密保護法案、賛成派も懸念 デジタル版「投稿マップ」(11/21)
秘密保護法案、賛成派からも注文 投稿1200件を分析(11/14)

引用:秘密保護法案の疑問点、弁護士がネット中継で解説:朝日新聞デジタル

刑事事件・セカンドオピニオンサービスの御案内-弁護士 落合洋司 (東京弁護 士会) の「日々是好日」/落合洋司弁護士

“=========== Meta ============
“StrID : 2935
“Title : 刑事事件・セカンドオピニオンサービスの御案内-弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の「日々是好日」/落合洋司弁護士
“Cats : 社会・世相・時代の参考情報,弁護士
“Tags : 落合洋司弁護士(東京弁護士会),@yjochi,弁護士業務,法律相談
“========== Content ==========

以前、サイトには案内を掲載していたことがあるのですが、ブログに一本化して掲載しなくなり、掲載しなくなった後も、時々お問い合わせを受けることはあるため、当事務所の正式なサービスとして、平成25年10月1日から提供を再開することにします。

趣旨、目的としては、既に進行している刑事事件について、別の弁護士の意見を聴いてみたい、参考にしたいといった要望、需要に対応するものです。既に活動中の弁護士の活動を阻害することを防止するため、このサービス御利用の場合、基本的に弁護人として受任はしません(どうしても、という場合は慎重に検討しますが)。

いろいろな状況が考えられますが、例えば、

・自白事件で、より軽い処分になるように、もっとできることがあれば知りたい、現在の方針で良いかどうか意見を聴きたい

・否認事件で、どういった立証が効果的なのか、現在の立証で問題ないかどうか知りたい

・1審で有罪判決を受け、控訴しようかどうか迷っているが、控訴して何をどこまでできるか、好転する見通しがあるか知りたい

といった、ありがちな(とはいえ誰に聞けば良いかよくわからない)状況に対応できるものになるのではないかと思います。

御依頼後の流れとしては、

・ メールや電話で御連絡後、メール、ファックスで事件の概要や検討してほしい点を連絡していただく

・ 当方から見積書を送付し、費用等の条件について合意の上、契約書を作成(なお、見積もりまでは、費用は発生しません)

・ 必要資料を送っていただき、検討の上、意見書の作成、送付(必要に応じて面談の上で説明)

となります。詳細は、打ち合わせしつつ決めながら進めます。

メールは、

yjochi@kih.biglobe.ne.jp

(全角を半角に直してください)

になります。必要に応じ、お問い合わせください。

引用:2013-09-29 – 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」