一連の虚偽ツイートは、私の信用を著しく毀損しています。損害額は相当な金額 にのぼると思われます。もちろんその責任は全て竹野内氏にあります/矢部善朗 弁護士

“=========== Meta ============
“StrID : 6328
“Title : 一連の虚偽ツイートは、私の信用を著しく毀損しています。損害額は相当な金額にのぼると思われます。もちろんその責任は全て竹野内氏にあります/矢部善朗弁護士
“Cats : モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)
“Tags : @motoken_tw,信用毀損,損害賠償,責任,言及予定
“========== Content ==========

.@mi_149 竹野内氏 @mariscontact の一連の虚偽ツイートは、私の信用を著しく毀損しています。損害額は相当な金額にのぼると思われます。もちろんその責任は全て竹野内氏にあります。と言っておきましょうw 別件が一件ありますので、それをやるときに一緒にやるかも。

— モトケン (@motoken_tw) 2014, 3月 25

2014-05-09-164604_一連の虚偽ツイートは、私の信用を著しく毀損しています。損害額は相当な金額にのぼると思われます。.jpg pic.twitter.com/gpJLHXq1mi

— 非常上告-最高検察庁御中_ツイッター (@s_hirono) 2014, 5月 9

広告

パワハラ原因の自殺と賠償命じる 備前の社会福祉法人に岡山地裁

“=========== Meta ============
“StrID : 6059
“Title : パワハラ原因の自殺と賠償命じる 備前の社会福祉法人に岡山地裁
“Cats : 社会・世相・時代の参考情報
“Tags : 時事・ニュース,パワハラ,損害賠償,労働問題,安全配慮義務
“========== Content ==========

備前市の高齢者施設に勤めていた介護員男性=当時(42)=がうつ病になり自殺したのはパワーハラスメントが原因で業務上の死亡に当たるとして、遺族=岡山県和気郡=が、施設を運営する社会福祉法人・備前市社会福祉事業団に5千万円の損害賠償、遺族補償年金などを不支給とした和気労基署の決定取り消しを国に求めた訴訟で、岡山地裁は23日、請求通りの支払いと取り消しを命じた。

 判決理由で古田孝夫裁判長は「男性は同僚の厳しい指導や叱責(しっせき)の繰り返しで精神的に落ち込み、2007年4月ごろ発病した」とし、「業務以外に発病をうかがわせる事情はなく、病気により自殺したと推定できる」と因果関係を認定。「施設管理者は配置転換などの対策を取らなかった」として、安全配慮義務違反を認めた。

 労基署の決定については「業務上の死亡に当たらないとした処分は違法」とした。

 判決では、男性は03年から利用者の送迎や介助などを担当し、07年9月に自殺。遺族は労災保険法に基づく遺族補償年金や葬祭料などの支給を求めたが、和気労基署は10年8月、不支給とした。

 備前市社会福祉事業団、厚生労働省、和気労基署は「判決内容を確認し、関係機関と協議の上、今後の対応を検討したい」とコメントした。

(2014/4/23 21:02)

引用:パワハラ原因の自殺と賠償命じる 備前の社会福祉法人に岡山地裁 – 山陽新聞ニュース

服役中骨折で後遺症「過失」 : 群馬 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

“=========== Meta ============
“StrID : 4334
“Title : 服役中骨折で後遺症「過失」 : 群馬 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
“Cats : 社会・世相・時代の参考情報
“Tags : 時事・ニュース,国家賠償,損害賠償
“========== Content ==========

松山刑務所(愛媛県東温市)で服役中、作業で足を骨折したのに適切な治療を受けられず、後の手術で後遺症が残ったとして、千葉県の40歳代男性が国に約6000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が13日、前橋地裁であった。原道子裁判長は「速やかに治療していれば、手術をすることもなかった」と国側の過失を認め、約5800万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

引用:服役中骨折で後遺症「過失」 : 群馬 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

タイトル部分に半角コロンが含まれていたので全角コロンに変換処理しました。APIでの投稿において不具合が生じるためです。

墓穴掘ってないか。→「夫の性器の形状を聴かなかったのは不十分」夫婦関係聴 取で和歌山県が“仰天”の準備書面を提出/落合洋司弁護士

“=========== Meta ============
“StrID : 3208
“Title : 墓穴掘ってないか。→「夫の性器の形状を聴かなかったのは不十分」夫婦関係聴取で和歌山県が“仰天”の準備書面を提出/落合洋司弁護士
“Cats : 社会・世相・時代の参考情報,弁護士
“Tags : 落合洋司弁護士(東京弁護士会),@yjochi,警察,取り調べ,聴取,精神的苦痛,損害賠償
“========== Content ==========

日本でもそろそろ故意犯的不法行為については懲罰的損害賠償を認めてもいいの では<元検弁護士のつぶやき>

2ちゃんねるでの名誉毀損

2ちゃんねる管理人に賠償命令 掲示板での中傷放置(asahi.com 2006年01月20日20時43分)

千賀卓郎裁判官は慰謝料など計110万円の支払い、書き込みの削除とともに、発信者がインターネットに接続したパソコンの識別番号などの情報を開示するよう管理人に命じた。

 賠償金額から見ると将来的な抑止力は期待できそうもありませんね。
 日本でもそろそろ故意犯的不法行為については懲罰的損害賠償を認めてもいいのではないかな、と思います。

 発信者のパソコンの識別番号などの情報を開示が発信者の特定にどれだけ役に立つのかよくわかりませんが、懲罰的損害賠償は先の話としても、匿名性の隠れ蓑をはぎ取るというのは抑止力として有効だと思います。
モトケン (2006年1月20日 20:54) | コメント(3) | トラックバック(2) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

引用:2ちゃんねるでの名誉毀損 – 元検弁護士のつぶやき

送信者 元検弁護士のつぶやき