東京高裁、「グーグル検索予測」差し止めず逆転判決 「他の利用者に不利益」 – 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」/落合洋司弁護士

“=========== Meta ============
“StrID : 4620
“Title : 東京高裁、「グーグル検索予測」差し止めず逆転判決 「他の利用者に不利益」 – 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」/落合洋司弁護士
“Cats : 社会・世相・時代の参考情報,弁護士
“Tags : 落合洋司弁護士(東京弁護士会),@yjochi,弁護士ブログ,生存権,人格権,プライバシー,不法行為
“========== Content ==========

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140115/trl14011520500008-n1.htm

男性側は「氏名を入力すると、無関係の犯罪行為を連想させる単語が表示される」と提訴。一審判決は「男性の名誉毀損やプライバシー侵害に当たる違法な投稿記事を閲覧しやすい状況を作り出している」として、差し止めを命じた。

鈴木裁判長は、表示が男性の人格権を侵害することは認めたが「削除は権利侵害の防止を超えて、他の利用者の利益を制約する」と指摘。「表示それ自体が名誉を傷つけたり、プライバシーを侵害したりするとはいえず、不法行為も成立しない」とした。

この問題は、どういう切り口で考えるかが難しい面がありますが、人格権を侵害する、と認めながら「削除は権利侵害の防止を超えて、他の利用者の利益を制約する」とする、その思考過程がわかりにくい印象を受けます。具体的な人格権侵害が現に存在している以上、そのような「余計な」表示は削除するのが原則であって、例外は、かなり高度の存続すべき必要性が存在するような場合に限定されないと、人の人らしい生存に不可欠な生存権がないがしろにされてしまいかねません。ここは、さらに議論が深められる必要性を感じます。

表示それ自体が人格権侵害、と捉えるのは、表示内容にもよりますが、困難で、表示が一種の「道案内」のように、人格権侵害をアシスト(幇助)する、そこをどのように考えるかがポイントだろうと思います。

引用:2014-01-16 – 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」

広告

既に捜査機関とも連携を取っております。その為、両事件について、被害者の被 害回復と、既に被害に遭われて気付いていない方の覚醒、新たな被害の防止のた め、広く情報提供を募集/落合洋司弁護士

“=========== Meta ============
“StrID : 4376
“Title : 既に捜査機関とも連携を取っております。その為、両事件について、被害者の被害回復と、既に被害に遭われて気付いていない方の覚醒、新たな被害の防止のため、広く情報提供を募集/落合洋司弁護士
“Cats : 社会・世相・時代の参考情報,弁護士
“Tags : 落合洋司弁護士(東京弁護士会),@yjochi,情報提供,捜査機関,被害者,弁護士ブログ
“========== Content ==========

現在、グローバル・ファイナンシャル・サポート株式会社(GFS)及びイニシア・スター証券株式会社、イニシア・スターアセットマネジメント株式会社による投資被害につき、当職らは弁護団を結成し(現在の所属弁護士は団長落合洋司、高木薫、前田領、久保有希子の4名)、刑事、民事の法的措置を開始しております。

既に捜査機関とも連携を取っております。その為、両事件について、被害者の被害回復と、既に被害に遭われて気付いていない方の覚醒、新たな被害の防止のため、広く情報提供を募集しています(但し無償です。)

1.GFSから郵送されてきた配当通知、償還通知の郵送物で、特に【封筒】をまだお持ちの方は、至急下記まで匿名で結構ですので【封筒】を郵送してください。

2.グローバル・ファイナンシャル・サポート株式会社とその元従業員に関する有益情報を求めます。

3.イニシア・スター証券株式会社とその元従業員に関する有益情報を求めます。

4.LHファンドに関する有益情報を求めます。

5.ISフロンティア1号2号に関する有益情報を求めます。

6.イニシア・スターアセットマネジメント株式会社とその元従業員に関する有益情報を求めます。

7.有限会社F・バイヤーとその元従業員に関する有益情報を求めます。

〒108-0074

東京都港区高輪2-16-38 秀和第2高輪レジデンス504

泉岳寺前法律事務所

弁護士 落 合 洋 司   宛

電話 03-6277-3696

FAX 03-6277-3697

弁護団 アドレス gfs_is_bengodan@kib.biglobe.ne.jp

こちらでも告知しています。

http://blog.goo.ne.jp/gfsis-bengodan/e/c22798095f7d792f7648ccf8767d52b6

引用:2013-12-19 – 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」

官僚組織である検察に権限が集中し、しかも、マスコミも、それに対して批判機 能を果たせない日本の刑事司法の現状の下では、その法律に基づく権限の濫用を 抑制することが困難だという、刑事司法の実情の方に問題がある。/郷原信郎弁 護士

“=========== Meta ============
“StrID : 4156
“Title : 官僚組織である検察に権限が集中し、しかも、マスコミも、それに対して批判機能を果たせない日本の刑事司法の現状の下では、その法律に基づく権限の濫用を抑制することが困難だという、刑事司法の実情の方に問題がある。/郷原信郎弁護士
“Cats : 弁護士
“Tags : 郷原信郎弁護士,@nobuogohara,検察,刑事司法,マスコミ,弁護士ブログ
“========== Content ==========

特定秘密保護法案が、少数の野党の反発やマスコミなどの強い反対を押し切って、今日、参議院で採決され、成立する見通しだと報じられている。

私も、このような行政への一層の権限集中を招く立法が行われることには反対である。しかし、それは、法案自体に問題があるということではない。むしろ、官僚組織である検察に権限が集中し、しかも、マスコミも、それに対して批判機能を果たせない日本の刑事司法の現状の下では、その法律に基づく権限の濫用を抑制することが困難だという、刑事司法の実情の方に問題がある。検察出身の法律実務家の立場から、その点を中心に、私の見解を述べてみることにしたい。

引用:特定秘密保護法 刑事司法は濫用を抑制する機能を果たせるのか | 郷原信郎が斬る

なぜ、ここで、ここまでドラスティックな、国民の権利や様々な情報へのアクセ スを根こそぎ禁圧するような法制度を唐突にも導入する必要があるのか、強い疑 問を感じます。/落合洋司弁護士

“=========== Meta ============
“StrID : 4044
“Title : なぜ、ここで、ここまでドラスティックな、国民の権利や様々な情報へのアクセスを根こそぎ禁圧するような法制度を唐突にも導入する必要があるのか、強い疑問を感じます。/落合洋司弁護士
“Cats : 社会・世相・時代の参考情報,弁護士
“Tags : 落合洋司弁護士(東京弁護士会),@yjochi,秘密保護法案,共謀,厳罰,市民運動,弁護士ブログ
“========== Content ==========

http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/himitsuhogo/list/CK2013112802000119.html

東京新聞にも、私に対するインタビュー記事が掲載されましたね。

市民運動をしている人や取材者が原発や在日米軍、外交機密に関する情報を知ろうと、秘密を扱う公務員に近づくことで、犯罪としての疑いがかかる可能性がある。起訴されなかったとしても、家宅捜索されたり、事情を聴かれたりすれば、人々の生活に支障が生じかねない。

しかも、秘密の漏えいをめぐって共謀したかどうかの判断は、自白に頼らざるを得ない。自白した人がうそを言っていた場合、無関係の人が巻き込まれ、冤罪(えんざい)を生むリスクもある。

私は、この世界で仕事をするようになって今年で25年目で、随分といろいろな刑事事件、そこに現れる人々を見てきましたが、厳罰を科せば犯罪は防止できるのか、というと、そういう単純なものではないと思います。確かに、そうした効果が出るタイプの犯罪、人、場面もあると思いますが、特定秘密保護法案が対象とする「情報」の世界で、故意に情報を漏らそうとする人々は、処遇への不満、体制への疑問、金銭欲や自己顕示欲、いわゆるハニートラップ等々、人としての様々な要因からそのような行為に及ぶもので、漏らすにあたっては自分が捕まるとは思っておらず、捕まらないように事を運ぼうとするものですから、厳罰は、犯行への一定の抑止効果はあっても、より大きなものに誘引されて人は漏えいへと向かうでしょう。そのような行為に対する効果的な対策は、やはり、秘密の厳重な管理であり幾重にも秘密を防護する体制を確固として持つことだと思います。

よく、日本は秘密保護法制がいい加減だからと諸外国から言われた、といった話が、曖昧なまま語られますが、だから、広範な処罰や厳罰が必要、というのはあまりに短絡的です。既に国家公務員法や自衛隊法等で秘密漏えいやそれに関与する行為は処罰対象になっていて、なぜ、ここで、ここまでドラスティックな、国民の権利や様々な情報へのアクセスを根こそぎ禁圧するような法制度を唐突にも導入する必要があるのか、強い疑問を感じます。

暗く寒い国々に対抗するために、自由で民主的な国家であったはずの我が国が、暗く寒い国になって行く、そのことの矛盾や怖さといったことに、素朴、率直に目を向けなければならないでしょう。

引用:弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」

元検事 猪瀬知事の説明に唐突感 – 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日 々是好日」/落合洋司弁護士

“=========== Meta ============
“StrID : 3946
“Title : 元検事 猪瀬知事の説明に唐突感 – 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」/落合洋司弁護士
“Cats : 社会・世相・時代の参考情報,弁護士
“Tags : 落合洋司弁護士(東京弁護士会),@yjochi,弁護士ブログ
“========== Content ==========

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131126/k10013355521000.html

東京都の猪瀬知事は、去年の知事選挙の直前に大手医療法人「徳洲会」グループから5000万円を受け取った際に書いたとする「借用書」を公表し、個人的な借入金であることを強調しました。

これについて元検事の落合洋司弁護士は、「非常に唐突感があり、十分、合理的な説明とは思いにくい」などと指摘しています。

猪瀬知事の説明について落合弁護士は、「選挙の時期に近いことや、5000万円という非常に大きな資金であることを考えると、個人の貸し借りという主張は非常に唐突感があり、十分、合理的な説明とはなかなか思いにくい。知事が公表した借用書も書き方に法律の定めがあるわけではないが、5000万円の貸し借りをするには簡素に過ぎると思う」と指摘しています。

さらに徳田毅衆議院議員と同席した場で、「選挙にお金がかかる」という話題が出たことについて、「知事が口に出していなくても、選挙でお金が必要だと周りの人が話していて、そのまま否定もせずにいて金を受け取ったのならば、選挙のためにお金が必要だから受け取ったということになってくる。そういった経緯を慎重に見たうえで、本人の認識を認定するしかない。今後、捜査機関によって粛々と捜査が進められ、真相が解明されるのを待つしかないと思う」と話しています。

金、というものは、公選法関係は赤、賄賂は青、その他の政治資金は黄色、といった色がついているわけではありませんから、どういった趣旨の金であったかは、関わった当事者の供述やその当時の状況などを総合的に見て評価する必要があります。その点、問題となっている金については、授受の時期が東京都知事選の直前であり猪瀬氏が徳洲会に選挙の関係で挨拶に行った直後の授受であることから、選挙に関するものではないかという強い疑いが生じるものではあるでしょう。この時期に、いきなり、純然たる個人への貸金として5000万円という、家一軒買えるほどの多額の金が、それも現金で交付されるというのは、いかにも不自然、不合理です。

見逃すべきではないのは、選挙に関する金、という性質と、職務に関する賄賂(そうである、と言っているわけではありませんが)という性質は両立し得るもので排斥しあうものではない、ということです。無利息、無担保で返済期限の定めがないことは、それ自体が「財産上の利益」と評価されうるものであり、過去にそうした貸借が賄賂と認定されたケースは少なくありません。選挙という、何かと物入りな時期であるからこそ、多額の金の提供は受ける側にとってはありがたいこと、それだけに今後への布石として提供されたのではないかという疑いも出てきます。

このように、複数の重大な可能性があり、猪瀬氏の説明だけで済むような状況でもなく、そういった事情を踏まえて、私は、上記のように、「今後、捜査機関によって粛々と捜査が進められ、真相が解明されるのを待つしかないと思う」とコメントしたものでした。

引用:2013-11-26 – 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」

取材や出演(先週から今週にかけて) – 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」/落合洋司弁護士

“=========== Meta ============
“StrID : 3789
“Title : 取材や出演(先週から今週にかけて) – 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」/落合洋司弁護士
“Cats : 社会・世相・時代の参考情報,弁護士
“Tags : 落合洋司弁護士(東京弁護士会),@yjochi,取材,秘密保護法案,ストーカー,弁護士ブログ
“========== Content ==========

世の中が騒がしくなると、私への取材も増えてくる傾向があるのですが、先週から今週にかけても、ちょっとそんな感じになっています。

(秘密保護法案 体験から問う)市民運動の監視強化も

http://www.asahi.com/articles/TKY201311120480.html

秘密保護法案に盛り込まれた「報道又(また)は取材の自由に十分に配慮しなければならない」という文言は、全くないよりましでしょうが、捜査官の心理的抑制にはつながりません。

これは、先週金曜日夜に、テレビ朝日系「報道ステーション」でVTR出演した際にも言っていたことですね。報道ステーションの取材は、当日の午後にあって、30分近くインタビュー受けたのですが、スタジオでかなり大きなパネル写真で自分のことも紹介されて驚きました。しがない弁護士にしては破格の扱いで(笑)、取材については、もう思い残すことはなくなりました。

今週火曜日夜8時から、CSのテレ朝チャンネル「ニュースの深層」

http://www.tv-asahi.co.jp/ch/contents/news/0003/

「三鷹でストーカー殺人~ストーカー規制法改正の舞台裏と新たな課題」ゲスト:小早川明子(NPO「ヒューマニティ」理事長)/落合洋司(弁護士)

にも出ますので、興味ある方はご覧ください。

引用:2013-11-18 – 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」

共謀罪(「共謀」を含む)に関する過去のエントリー – 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」

“=========== Meta ============
“StrID : 3212
“Title : 共謀罪(「共謀」を含む)に関する過去のエントリ
“Cats : 社会・世相・時代の参考情報,弁護士
“Tags : 落合洋司弁護士(東京弁護士会),@yjochi,共謀罪,弁護士ブログ,まとめ
“========== Content ==========

本日のテレビ朝日「サンデープロジェクト」で、私へのインタビューが放映されたこともあり、ちょっと整理してみました。

特に

「暴走する(?)「共謀」概念」

「法は、成立すればあまねく広範囲に、そして拡大して適用される 」

「暴走する(?)「共謀」概念(続)」

あたりを読んでいただくと、私の危惧しているところがどこにあるかがご理解いただけるのではないかと思います。

『超監視社会』の前夜? 標的は…労組と市民団体

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20040826#1093528593

<共謀罪>衆院法務委員会で本格審議入り

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20050713#1121184956

共謀罪:今国会の成立は困難に 「郵政」余波で

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20050729#1122601801

政府:「共謀罪」など、改正案再提出へ閣議決定

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20051005#1128473980

共謀罪「自公で修正協議」 公明・法務部会長 00

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20051006#1128526600

マンション建設妨害の住民、共謀罪は成立せず・法務省

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20051015#1129384447

共謀罪適用、「組織的犯罪集団」に限定・自公が修正案

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20051018#1129564929

山口組組長の実刑確定へ 銃共同所持で最高裁

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20051201#1133430912

<共謀罪>野党反発、大荒れ審議入り 衆院法務委

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20060423#1145720427

暴走する(?)「共謀」概念

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20060423#1145799880

配下組員の拳銃所持、山口組幹部に大阪高裁も無罪

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20060424#1145881977

山口組若頭補佐銃刀法違反事件、高検が上告

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20060501#1146489430

『共謀罪』 与党修正案を検証する

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20060502#1146581537

共謀罪めぐりHPでバトル 日弁連、法務省説明に対抗

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20060509#1147107400

新聞社の取材(共謀罪)

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20060519#1148042575

共謀罪法案、成立は困難 議長仲裁、背後に首相の指示

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20060520#1148087289

「共謀罪」成立へ向けて必死(?)な法務省

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20060523#1148388944

法は、成立すればあまねく広範囲に、そして拡大して適用される

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20060524#1148435894

暴走する(?)「共謀」概念(続)

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20060528#1148783207

日本刑法学会における「共謀罪」の検討

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20060529#1148859743

「共謀罪」先送りへ・首相、会期延長を否定

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20060531#1149032874

共謀罪の今国会成立断念 首相が継続審議指示

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20060531#1149076935

共謀罪法、民主党案受諾へ 与党一転、今国会成立も

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20060602#1149180906

共謀罪 民主案丸のみ、のち迷走のワケ

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20060603#1149295508

共謀の解消・共謀からの離脱について

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20060604#1149384552

「共謀罪 見通し暗く」(6月13日朝日新聞朝刊)

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20060613#1150154378

“共謀罪は廃案に” 超党派の議員と市民が集会

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20060615#1150362418

共謀罪 国連求めているのか 条約批准の前提にも 

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20060615#1150378625

共謀罪・対談

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20060828#1156768968

ロンドン警視庁、対テロ監視対象は数千人 広がる脅威

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20060902#1157163428

安倍氏「共謀罪」「防衛省」も優先…臨時国会への対応

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20060903#1157291340

「テロ監視」街の隅々に 窮屈さ感じる場面も

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20060913#1158075535

共謀罪は今度こそ成立するか

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20060919#1158601060

共謀罪「法原則に合わぬ」 政府、99年に主張

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20061002#1159749477

民主「共謀罪」で全面対決の方針

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20061003#1159807688

「臨時国会で共謀罪法案が可決されて良いか?」

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20061008#1160275049

引用:2006-11-12 – 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」