最高検は、可視化の段階的拡充にも「全く与しない。真に必要なものに限定すべ き」と。(江川注・これは、検察側にとって「真に必要なもの」という意味であ って、国民にとって「真に必要なもの」と同義ではないことに注意)/ジャーナ リスト江川紹子

“=========== Meta ============
“StrID : 6194
“Title : 最高検は、可視化の段階的拡充にも「全く与しない。真に必要なものに限定すべき」と。(江川注・これは、検察側にとって「真に必要なもの」という意味であって、国民にとって「真に必要なもの」と同義ではないことに注意)/ジャーナリスト江川紹子
“Cats : メディア・マスコミ・ジャーナリスト関係
“Tags : 江川紹子,@amneris84,最高検,可視化,国民
“========== Content ==========

さらに最高検は、可視化の段階的拡充にも「全く与しない。真に必要なものに限定すべき」と。(江川注・これは、検察側にとって「真に必要なもの」という意味であって、国民にとって「真に必要なもの」と同義ではないことに注意)

— Shoko Egawa (@amneris84) April 30, 2014

広告

日本国民を蹴散らして、銀座に寿司食いに行って、うまいものかな。笑/落合洋 司弁護士

“=========== Meta ============
“StrID : 6067
“Title : 日本国民を蹴散らして、銀座に寿司食いに行って、うまいものかな。笑/落合洋司弁護士
“Cats : 社会・世相・時代の参考情報,弁護士
“Tags : 落合洋司弁護士(東京弁護士会),@yjochi,国民
“========== Content ==========

日本国民を蹴散らして、銀座に寿司食いに行って、うまいものかな。笑

— 落合洋司 (@yjochi) 2014, 4月 23

アメリカの大統領が銀座に来るからと、排除されてしまう国民は、やはり敗戦国 の国民という感じだな/落合洋司弁護士

“=========== Meta ============
“StrID : 6061
“Title : アメリカの大統領が銀座に来るからと、排除されてしまう国民は、やはり敗戦国の国民という感じだな/落合洋司弁護士
“Cats : 社会・世相・時代の参考情報,弁護士
“Tags : 落合洋司弁護士(東京弁護士会),@yjochi,国民
“========== Content ==========

アメリカの大統領が銀座に来るからと、排除されてしまう国民は、やはり敗戦国の国民という感じだな。

— 落合洋司 (@yjochi) 2014, 4月 23

民主主義国家における報道の一番大切な役割は、国民に考える材料を提供するこ とだと思う。それを考えると、今回の米国民世論調査の結果は、今さらの猪瀬叩 きより、/ジャーナリスト江川紹子

“=========== Meta ============
“StrID : 4378
“Title : 民主主義国家における報道の一番大切な役割は、国民に考える材料を提供することだと思う。それを考えると、今回の米国民世論調査の結果は、今さらの猪瀬叩きより、/ジャーナリスト江川紹子
“Cats : メディア・マスコミ・ジャーナリスト関係
“Tags : 江川紹子,@amneris84,報道,国民
“========== Content ==========

正直に言ってしまえば、権力側が本当に隠したい秘密は、今までも現在もこれか らも、そう簡単には国民に知られることはないと思う。/矢部善朗弁護士

“=========== Meta ============
“StrID : 4284
“Title : 正直に言ってしまえば、権力側が本当に隠したい秘密は、今までも現在もこれからも、そう簡単には国民に知られることはないと思う。/矢部善朗弁護士
“Cats : モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)
“Tags : @motoken_tw,権力,国民
“========== Content ==========

政府の情報操作とマスコミの情報操作とどっちが影響が大きいかな?/矢部善朗 弁護士

“=========== Meta ============
“StrID : 4282
“Title : 政府の情報操作とマスコミの情報操作とどっちが影響が大きいかな?/矢部善朗弁護士
“Cats : モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)
“Tags : @motoken_tw,権力,マスコミ,秘密保護法,国民
“========== Content ==========

秘密保護法「議論十分でない」76% 朝日新聞世論調査 – 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」/落合洋司弁護士

“=========== Meta ============
“StrID : 4262
“Title : 秘密保護法「議論十分でない」76% 朝日新聞世論調査 – 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」/落合洋司弁護士
“Cats : 社会・世相・時代の参考情報,弁護士
“Tags : 落合洋司弁護士(東京弁護士会),@yjochi,秘密保護法,世論調査,朝日新聞,議論,国民,人権
“========== Content ==========

http://www.asahi.com/articles/TKY201312070366.html

秘密保護法の国会での議論が「十分だ」は11%にとどまり、「十分ではない」が76%に達した。賛否については賛成24%、反対51%となり、法律が成立してもなお反対が多数を占めた。

この法律の問題点、懸念点については、本ブログや取材、出演等で私もいろいろと指摘、コメントしてきましたが、秘密保護と国民の人権を両立させるべき、今後、長く、様々な影響が出る法制度ですから、単に多数決で決めれば良い、といった、学級会(学校で、多数決で決めれば良いわけではなく十分な議論をすべきです、それが民主主義ですと先生が言っていたのを思い出します)以下の稚拙、拙速ではなく、それなりに時間をかけて議論し、国民の全員はもちろん無理ですが、大方の理解、賛成を得るよう慎重に進めるべきであったと思います。上記のような世論調査結果を見ると、とてもその域には達していないでしょう。

法制度に国民の理解が得られていなければ、いくら国家の安全保障に必要だなどと力んでみても、安定した実効性のあるものにはなりにくいと思います。その意味で、この秘密保護法は、実に不幸なスタートを切ったと言うしかなく、政府、与党自身が秘密指定について第三者機関の関与の必要性を認めながらその内容も確定していないという、未完成、未熟なものとしてしか存在していないのが現状とも言えると思います。

そうした、様々な問題を抱えた法律を無理矢理、強引に成立させた経緯は、諸外国の情報機関も、当然、注視していると思われ、この法律があれば情報が円滑に入手できる、といった安易な楽観論が通用するとは思いにくいですね。

限界のある中で浮き彫りになったこの法律の問題点は、今後も粘り強く検討され、改善すべき点は改善されるよう、強く望みたいというのが私の率直な感想です。

引用:2013-12-08 – 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」