それこそまさに私に対してフェイスブックへの書き込みをやめろと圧力をかけて きた検察関係者の狙いであり、警察検察がほくそ笑む展開にほかならない/前田 恒彦 -元特捜部主任検事のつぶやき

“=========== Meta ============
“StrID : 6504
“Title : それこそまさに私に対してフェイスブックへの書き込みをやめろと圧力をかけてきた検察関係者の狙いであり、警察検察がほくそ笑む展開にほかならない/前田恒彦 -元特捜部主任検事のつぶやき
“Cats : 弁護士
“Tags : 前田恒彦元特捜部主任検事,講演,京都弁護士会,検察,圧力
“========== Content ==========

京都での講演後の外野の騒ぎを横目で見ていると、反権力運動がこれまで何度も失敗を繰り返してきた最大の原因は、やはり内ゲバだったんだなと思った。それこそまさに私に対してフェイスブックへの書き込みをやめろと圧力をかけてきた検察関係者の狙いであり、警察検察がほくそ笑む展開にほかならない。

— 前田恒彦 -元特捜部主任検事のつぶやき- (@maedatsunehiko) 2014, 6月 2

広告

京都弁護士会主催・日本弁護士連合会共催 証拠開示・可視化シンポジウム 証拠 は誰のものか?~あの元特捜検事が語る、全面証拠開示と全面可視化の必要性 ~/前田恒彦 -元特捜部主任検事のつぶやき

“=========== Meta ============
“StrID : 6372
“Title : 京都弁護士会主催・日本弁護士連合会共催 証拠開示・可視化シンポジウム 証拠は誰のものか?~あの元特捜検事が語る、全面証拠開示と全面可視化の必要性~/前田恒彦 -元特捜部主任検事のつぶやき
“Cats : 弁護士
“Tags : 前田恒彦元特捜部主任検事,京都弁護士会,日弁連,可視化,証拠開示,弁護士会
“========== Content ==========

近年、連日の取調べにより捜査段階では「自白」して有罪とされた事件について、開示された証拠が決め手となり、再審無罪になる冤罪事件が相次いでいます。捜査機関が強制的に集めた証拠は、私たちの無罪を証明するためには使われないのか? 証拠は公共の財産ではないのか?

自身も大阪地検特捜部検事として捜査の最前線に立ち、郵便不正事件の主任検事として証拠の改ざんに至った前田恒彦元検事が、実体験を通じてこそ言える全面証拠開示と取調べ可視化(取調べの全過程の録画)の必要性につき、自戒を込めて訴えます。

別のページへリンク京都弁護士会ホームページ

日時 2014年5月31日(土) 13時30分~16時40分
場所

KBSホール(KBS京都放送会館3階)

京都市上京区烏丸上長者町
(京都市営地下鉄烏丸線丸太町駅2番出口徒歩8分、今出川駅6番出口徒歩8分)

別のページへリンク会場地図・チラシ
加費 参加費無料
参加対象・人数

どなたでも参加いただけます(先着500名)。
内容

第1部 講演
「元特捜検事が語る、検察の闇」
 講 師:前田恒彦 氏(元大阪地検特捜部検事)
 聞き手:遠山大輔 弁護士(京都弁護士会刑事委員会委員長)

第2部 パネルディスカッション
  「全面証拠開示が闇を照らす」
 パネリスト
  前田恒彦 氏
  桜井昌司 氏(布川事件冤罪被害者)
  小坂井久 弁護士(法制審議会新時代の刑事司法制度特別部会幹事)
 コーディネーター
  指宿 信 氏(成城大学法学部教授)

申込方法 事前申込不要(直接会場にお越しください。)
主催 京都弁護士会
共催
日本弁護士連合会
問い合わせ先

京都弁護士会

TEL:075-231-2378

引用:日本弁護士連合会│Japan Federation of Bar Associations:京都弁護士会主催・日本弁護士連合会共催 証拠開示・可視化シンポジウム 証拠は誰のものか?~あの元特捜検事が語る、全面証拠開示と全面可視化の必要性~

2014-05-16-011730_京都弁護士会主催・日本弁護士連合会共催 証拠開示・可視化シンポジウム 証拠は誰のものか?~あの元特捜検事が語る.jpg pic.twitter.com/Oc2mok2lsl

— 非常上告-最高検察庁御中_ツイッター (@s_hirono) 2014, 5月 15

2014/5/31「証拠開示・可視化シンポジウム『証拠は誰のものか?』」のご案内

“=========== Meta ============
“StrID : 6240
“Title : 2014/5/31「証拠開示・可視化シンポジウム『証拠は誰のものか?』」のご案内
“Cats : 社会・世相・時代の参考情報,弁護士
“Tags : 弁護士,京都弁護士会,弁護士会,可視化,証拠開示,言及予定
“========== Content ==========

2014年5月31日に、KBSホール(KBS京都放送会館3F・京都市上京区烏丸上長者町)において、『「証拠」は誰のものか?』と題し、講演会・シンポジウムを開催します。

近年、連日の取調べにより捜査段階では「自白」して有罪とされた事件について、開示された証拠が決め手となり、再審無罪になる冤罪事件が相次いでいます。捜査機関が強制的に集めた証拠は,私たちの無罪を証明するためには使われないのか?証拠は公共の財産ではないのか?

自身も大阪地検特捜部検事として捜査の最前線に立ち、郵便不正事件の主任検事として証拠の改ざんに至った前田恒彦元検事が、実体験を通じてこそ言える全面証拠開示と取調べ全面可視化の必要性につき、自戒を込めて訴えます。

第1部 講演
「元特捜検事が語る,検察の闇」」
 講 師:前田恒彦さん
 聞き手:遠山大輔(当会刑事委員会委員長)

第2部 パネルディスカッション
  「全面証拠開示が闇を照らす」
 パネリスト
  前田恒彦さん 
  桜井昌司さん(布川事件冤罪被害者)
  小坂井久さん(弁護士・法制審特別部会幹事)
 コーディネーター:指宿信さん(成城大学法学部教授)

◆開催日時  2014年5月31日(土)午後1時30分~午後4時40分

◆開催場所  KBSホール(KBS京都放送会館3F)京都市上京区烏丸上長者町(京都市営地下鉄烏丸線丸太町駅2番出口徒歩8分、今出川駅6番出口徒歩8分)

◆費  用  無料 (先着500名)

◆問い合わせ 075-231-2378

案内チラシのDownload

引用:イベントのお知らせ|京都弁護士会

「少年法を悪用して己のエゴを乗っける人権派弁護士」が少しでもいれば,京都 弁護士会も苦労しないですね/高島章弁護士

“=========== Meta ============
“StrID : 5945
“Title : 「少年法を悪用して己のエゴを乗っける人権派弁護士」が少しでもいれば,京都弁護士会も苦労しないですね/高島章弁護士
“Cats : 社会・世相・時代の参考情報,弁護士
“Tags : @BarlKarth,高島章弁護士,人権派弁護士,京都弁護士会,弁護士会
“========== Content ==========

@master_yasukuni 「少年法をメシの種にしている人権派弁護士の人達」←それは想像上の生き物です。

— 高島章(弁護士) (@BarlKarth) 2012, 4月 24

が京都弁護士会に電話をかけた件について、弁護士会からファックスがありまし たので、その内容を担当副会長の了承を得て公開/矢部善朗弁護士

“=========== Meta ============
“StrID : 5929
“Title : が京都弁護士会に電話をかけた件について、弁護士会からファックスがありましたので、その内容を担当副会長の了承を得て公開/矢部善朗弁護士
“Cats : モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)
“Tags : @motoken_tw,弁護士会,京都弁護士会,公開
“========== Content ==========

竹野内真理氏 @mariscontact が京都弁護士会に電話をかけた件について、弁護士会からファックスがありましたので、その内容を担当副会長の了承を得て公開させていただきます。タイトルは「ご連絡」です。「本年3月25日に当会市民窓口対応責任者から貴職に『ご連絡』を送付し、(続く

— モトケン (@motoken_tw) 2014, 4月 17

私も弁護士会と話をする必要がありそうです。前年度の役員の方にはご迷惑をか けそうだが仕方がない。/矢部善朗弁護士

“=========== Meta ============
“StrID : 5857
“Title : 私も弁護士会と話をする必要がありそうです。前年度の役員の方にはご迷惑をかけそうだが仕方がない。/矢部善朗弁護士
“Cats : モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)
“Tags : @motoken_tw,弁護士会,京都弁護士会,懲戒請求
“========== Content ==========

.@mariscontact 私も弁護士会と話をする必要がありそうです。前年度の役員の方にはご迷惑をかけそうだが仕方がない。

— モトケン (@motoken_tw) April 10, 2014

「京都弁護士会が懲戒請求の可能性もありと判断した。」ということが事実であ るということは、京都弁護士会の担当弁護士が/矢部善朗弁護士

“=========== Meta ============
“StrID : 5855
“Title : 「京都弁護士会が懲戒請求の可能性もありと判断した。」ということが事実であるということは、京都弁護士会の担当弁護士が/矢部善朗弁護士
“Cats : モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)
“Tags : @motoken_tw,弁護士会,京都弁護士会,懲戒請求
“========== Content ==========

.@mariscontact 「京都弁護士会が懲戒請求の可能性もありと判断した。」ということが事実であるということは、京都弁護士会の担当弁護士があなたに対して「矢部弁護士の行為は懲戒請求の可能性がある。」と言ったことになるが、担当弁護士がそのように言った事実があるのですか?

— モトケン (@motoken_tw) April 10, 2014