小沢氏の事件で、特捜検察とマスメディアのタッグを批判してきた人たちが、政 治的なスタンスが異なる猪瀬氏のことになると、検察&マスメディア情報を前提 にしちゃってるのだにゃ。/ジャーナリスト江川紹子

“=========== Meta ============
“StrID : 3928
“Title : 小沢氏の事件で、特捜検察とマスメディアのタッグを批判してきた人たちが、政治的なスタンスが異なる猪瀬氏のことになると、検察&マスメディア情報を前提にしちゃってるのだにゃ。/ジャーナリスト江川紹子
“Cats : メディア・マスコミ・ジャーナリスト関係
“Tags : 江川紹子,@amneris84,検察,メディア
“========== Content ==========

広告

わらしとしては、マスメディアと特捜検察の関係が、村木さんの事件の前に戻っ ているように見えるのがにゃんとも気になる。無条件の信頼と期待ってゆう か…。/ジャーナリスト江川紹子

“=========== Meta ============
“StrID : 3880
“Title : わらしとしては、マスメディアと特捜検察の関係が、村木さんの事件の前に戻っているように見えるのがにゃんとも気になる。無条件の信頼と期待ってゆうか…。/ジャーナリスト江川紹子
“Cats : メディア・マスコミ・ジャーナリスト関係
“Tags : 江川紹子,@amneris84,メディア,検察
“========== Content ==========

NHKの、コメント取りに行った記者の質問の仕方にも問題があった可能性はある が。/落合洋司弁護士

“=========== Meta ============
“StrID : 3118
“Title : NHKの、コメント取りに行った記者の質問の仕方にも問題があった可能性はあるが。/落合洋司弁護士
“Cats : 社会・世相・時代の参考情報,弁護士
“Tags : 落合洋司弁護士(東京弁護士会),@yjochi,NHK,コメント,マスコミ,メディア,報道,記者
“========== Content ==========

メディアが実証的でない紋切り調の批判を他業界に対して行うことは歓迎される のにね。/小倉秀夫弁護士

“=========== Meta ============
“StrID : 3077
“Title : メディアが実証的でない紋切り調の批判を他業界に対して行うことは歓迎されるのにね。/小倉秀夫弁護士
“Cats : 弁護士
“Tags : @Hideo_Ogura,小倉秀夫弁護士,メディア,批判,業界
“========== Content ==========

「司法改革とメディアの責任」。4月11日付け朝日新聞朝刊「社説余滴」の、こ の見出しを見て/元「法律新聞」編集長の弁護士観察日記

“=========== Meta ============
“StrID : 558
“Title : 「司法改革とメディアの責任」。4月11日付け朝日新聞朝刊「社説余滴」の、この見出しを見て/元「法律新聞」編集長の弁護士観察日記
“Cats : 社会・世相・時代の参考情報
“Tags : 司法改革,メディア
“========== Content ==========

「司法改革とメディアの責任」。4月11日付け朝日新聞朝刊「社説余滴」の、この見出しを見て、司法改革関連の論評では弁護士の間からは批判の的になってきた渡辺雅昭氏(元・司法社説担当、現・同紙さいたま総局長)も、司法試験合格3000人方針撤回の現実を前に、何かをお感じになられたのかと思いましたが、残念ながら、そういうことではなかったようです。

 警察や検察に真相解明を求め、犯行に至る動機やいきさつがはっきりしなかったならば「闇が残った」といい、自白の強要など捜査の行きすぎを批判しつつ、無罪判決が出れば当局に猛省を促し、有罪率99%の刑事裁判を「異常」として、誤判は「あってはならない」という――。こういうマスコミの指摘について、渡辺氏は「局面、局面ではもっとも」でも、「社会は、捜査や裁判に何を求めているか、求めるべきなのか」を考え込んでしまったというのです。

 一瞬、この人は一体何を言っているのだろう、と奇妙な気持ちに陥りました。要は、裁判の場は、国民の「納得」を求めることを目的とする場ではない、ということではないですか。国民の「納得」になにやら引きずられ、そのことをきっちり伝えてこなかったことで、混乱しているように見えるのです。彼は、こんな不思議なことも言っています。

引用:元「法律新聞」編集長の弁護士観察日記 本当の「メディアの責任」

長崎ストーカー殺人の被告に面会 無罪主張<2013年4月5日>

“=========== Meta ============
“StrID : 487
“Title : 長崎ストーカー殺人の被告に面会 無罪主張<2013年4月5日>
“Cats : 社会・世相・時代の参考情報
“Tags : 無罪主張,メディア
“========== Content ==========

約30分という面会時間のなかで、筒井被告は「殺人もストーカーもしていない。間違った筋書きで進んでいっている」と話し、改めて無罪を主張した。

 「犯人だといわれている男の言うことを誰も聞いてくれない」「公判前整理手続きにはうんざりしている」「僕が意見を言える状況じゃない。むちゃくちゃに進んでいると言った感じ」

 犯行動機について検察側は、家族を殺害して三女を連れ戻そうと計画したと指摘している。

 しかし、筒井被告は「マスコミは何を根拠に僕のことをストーカー呼ばわりしているのかわからない。三女に呼ばれて長崎には行った。それがストーカーになるのか?」と話す。

 筒井被告は検察側の鑑定留置で、刑事責任能力に問題がないとされる人格障害の一つと診断された。一方、弁護側は裁判で無罪を主張するとともに、「事件当時、善悪の判断能力がなかった、もしくは低下していた」として、責任能力についても争う構え。

 初公判は来月14日に開かれる。

 「間違った筋書きで進んでいっている。このまま裁判をやっても意味がない」「僕は殺していない。ストーカーじゃない。真実を訴えたい」

引用:長崎ストーカー殺人の被告に面会 無罪主張 | 日テレNEWS24