警察の情報を垂れ流さないと取材に支障がでる、というならその体制をたたくのがジャーナリズムだろう。/坂本正幸弁護士