今回の公判前整理手続、弁護側が終始検察を攻めまくった。公判でも、検察の贈収賄立証の虚構を徹底的に明らかにしたい/郷原信郎弁護士