高裁で被告人が出頭しなかったという経験は2回。一度は最初の国選弁護人が何もしないということで激怒して拒否。解任後私が選任/坂本正幸弁護士