もちろん全面証拠開示は弁護人の負担も増える。 しかし冤罪を防ぐにはその負担をいとわないのが弁護士である。/坂本正幸弁護士

広告