「裁判員は意に反する苦役ではない」という最高裁判例がでたのだが,「高度に死刑が見込まれる事件」では別論だろう。/高島章弁護士

広告