守秘義務のある事項について回答すれば守秘義務違反ですね。聞いた側の記者を幇助犯として処罰できる場合については、最高裁判例による縛りがありますが/小倉秀夫弁護士

広告