舞鶴女子高生殺害、無罪確定へ 「真犯人探して」母親の代理人が会見

産経新聞 7月11日(金)19時20分配信

 京都府舞鶴市で平成20年、府立高校1年の小杉美穂さん=当時(15)=が殺害された事件で、殺人罪などに問われた中勝美被告(65)の無罪が確定することを受け11日、小杉さんの母親(44)の代理人を務める細川治弁護士が京都市内で会見を開き、「犯人が被告人でないのならば、真犯人をさがしてほしい。真相が明らかになるまで、責任をもって対応してほしい」とする母親のコメントを明らかにした。

 同日朝、細川弁護士と電話で連絡を取ったという母親は「今は何も考えられる状態ではない」と話し、「このままでは終われないという気持ちが強い。京都府警や検察庁に、捜査や公判に問題はなかったか説明してほしい」という意向を示したといい、来週をめどに府警と最高検に説明の場を設けるよう申し入れをしているという。

 細川弁護士は「1人の人間が殺されているのに誰も責任を取っていない。著しく社会正義に反する。事件は終わりではなく、(捜査機関には)徹底的に検証してほしい」と語気を強めた。

引用:舞鶴女子高生殺害、無罪確定へ 「真犯人探して」母親の代理人が会見 (産経新聞) – Yahoo!ニュース

広告