検事としての栄達の道は閉ざされて、私のような、しがない弁護士として生涯を終えることになっても、それはそれでやむを得ない、という、断固たる決意が必要なはずだった/落合洋司弁護士

広告