公正さの外形を出すためにか申し訳程度に登場し、後半で、検事総長が、捜査の都合を強調しながら部分可視化という検察庁の方針をとうとうと論じる/落合洋司弁護士

広告