HEROキムタク使命感!「HERO」復活に国も期待、異例の大臣出席会見(映画.com) – goo ニュース

フジテレビ開局55周年に待望の復活を遂げる、SMAP木村拓哉主演ドラマ「HERO」(7月14日~月曜午後9時)の発表会見が10日、都内で行われ、キャストに加え下村博文・文部科学大臣が駆けつけた。ドラマと国の道徳教育とのタイアップが決まったためで、異例の現役大臣出席。木村は「大臣のスケジュールに入るなんて、あらためてすげードラマだな」と使命感を高めた。

 テレビドラマ史、映画史に残る“ヒーロー”のカムバックに、国も大きな期待。下村大臣が「素晴らしい番組。大ヒットしてもらいたい」と直々に激励した。木村演じる検事・久利生公平の先入観なしに真実を追及する姿こそ「道徳教育の根源」。全国の小中高4万校にポスターを配布するほか、道徳教育イベントも予定。木村は「すごく嬉しい。ポスターにいたずらで画びょうを刺さないで」と、無邪気に笑みを浮かべた。

 社会現象を巻き起こした2001年の連ドラから13年ぶり、07年の映画版から7年ぶり。木村は「今年ならではの、(前作からの)時間を過ごした久利生公平がそこにいると思う」とアピール。活躍の舞台は東京地検城西支部で変わらず、「セットに身を置かせていただくと、どこか落ち着く自分がいる。本当に帰ってこられたんだなという気持ちになった」と語った。

引用:HEROキムタク使命感!「HERO」復活に国も期待、異例の大臣出席会見(映画.com) – goo ニュース

広告