視聴者に著しい誤解を与えた疑いがあることは明らか」とした上で、「放送局が誤解を解く十分な対応をしているとは言えず、放送倫理違反が考えられる」

審理の対象にした理由について、放送倫理検証委員会の川端和治委員長は「虚偽の疑いのある番組を放送したことにより、視聴者に著しい誤解を与えた疑いがあることは明らか」とした上で、「放送局が誤解を解く十分な対応をしているとは言えず、放送倫理違反が考えられる」と話した。

引用:佐村河内氏取り上げた番組審理へ BPO、5局7番組:朝日新聞デジタル

タイトル部分に半角コロンが含まれていたので全角コロンに変換処理しました。APIでの投稿において不具合が生じるためです。

広告