2008年の豊川琢にとって、落合なんて弁護士は、日経様に声かけてもらうだけで喜べ、という感覚だったのだろう。そうでなきゃ、常識的に考えても、ボツになった挨拶はするだろう/落合洋司弁護士

広告