検察庁の場合,(国選)弁護人制度や「疑わしきは被告人の利益に」の原則で歯止めがかかっているが,児童福祉法28条に関して言えばほとんどザル。/谷山智光弁護士

広告