〈最後に生きている姿を見たとき、理玖君は自分で立ち上がれず、食事として置いてあったパンの袋も開けられず、か細い声で「パパ」と呼び続けていた〉と(T_T)/ジャーナリスト江川紹子

広告