それは検察側の立証に合理的疑いをはさむ余地があったということで、弁護人の責任は0%なの。/ジャーナリスト江川紹子

広告