、といった表面的なところを追い求めるだけでなく、人としての深みや広さを持てるような、そういうステージを目指したい、目指さなければならないということを感じました/落合洋司弁護士

このブログエントリーは私も読みましたが、温かい人間性や思いやりの心が強く感じられて、この人は横綱として相撲に強いだけでなく、人として立派な、見るべきものがある人だなということを感じましたね。

私も、この年になって、まだ、自分自身の未熟さ、至らなさを痛感することがありますが、ぎりぎりのところでその人の人間性というものが問われるということも痛感していて、単に仕事ができるとか鋭い、といった表面的なところを追い求めるだけでなく、人としての深みや広さを持てるような、そういうステージを目指したい、目指さなければならないということを感じました。

奥様も辛いと思いますが、こうした、思いやりのある伴侶に支えられて、明るく前向きに生活していただきたいと願っています。最近、大相撲にはネガティブな感情を持ちがちだったのですが、見方がやや改まりました。

引用:2014-06-06 – 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」

広告