服役中骨折で後遺症「過失」 : 群馬 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

“=========== Meta ============
“StrID : 4334
“Title : 服役中骨折で後遺症「過失」 : 群馬 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
“Cats : 社会・世相・時代の参考情報
“Tags : 時事・ニュース,国家賠償,損害賠償
“========== Content ==========

松山刑務所(愛媛県東温市)で服役中、作業で足を骨折したのに適切な治療を受けられず、後の手術で後遺症が残ったとして、千葉県の40歳代男性が国に約6000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が13日、前橋地裁であった。原道子裁判長は「速やかに治療していれば、手術をすることもなかった」と国側の過失を認め、約5800万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

引用:服役中骨折で後遺症「過失」 : 群馬 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

タイトル部分に半角コロンが含まれていたので全角コロンに変換処理しました。APIでの投稿において不具合が生じるためです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中