【PC遠隔操作】佐藤弁護士が反転攻勢「冤罪だ!」 ネットで「支援」の動き、メディアの風向きも変わる | 写楽.com 今回の事件。風向きが変わったのは、弁護人として

今回の事件。風向きが変わったのは、弁護人として「足利事件」で無罪を勝ち取ったことで知られる佐藤弁護士が登場してからだ。

引用元: 【PC遠隔操作】佐藤弁護士が反転攻勢「冤罪だ!」 ネットで「支援」の動き、メディアの風向きも変わる | 写楽.com.

パソコン遠隔操作・犯行声明送りつけられた弁護士「有罪にできるか難しい」

犯行声明のメールが送られてきた元東京地検検事の落合洋司弁護士は、「いま紹介されたように、偶然といわれてしまえば確かに状況証拠だけ。有罪にできるかどうか相当難しい。後は被疑者に直接結びつく証拠がどこまで出て起訴することができるかどうかですね」という。

引用元: パソコン遠隔操作・片山祐輔「起訴」できるのか?法廷でもうすら笑い (2/2) : J-CASTテレビウォッチ.

パソコン遠隔操作・片山祐輔「起訴」できるのか?法廷でもうすら笑い (1/2) : J-CASTテレビウォッチ

これに対し、弁護側はプログラミング言語「C#」を使った遠隔操作ウイルスを片山は作る能力を持っていないと主張している。

また、犯人が江ノ島で事件に関するデータを猫の首輪につけたというメールについて、捜査当局は片山が使用していたスマートフォンをデータ処理で復元し、メール画像と同じ猫の写真を見つたとしている。これについても弁護側は、片山は江ノ島に行き猫の写真を撮った事実はあるが、首輪はないし首輪をつける様子は防犯カメラに映っていないと主張している。

引用元: パソコン遠隔操作・片山祐輔「起訴」できるのか?法廷でもうすら笑い (1/2) : J-CASTテレビウォッチ.

時事ドットコム:わいせつ行為、犯罪証明なく無罪=「弁護士が自白強要」と被告-神戸地裁

判決によると、男性は2010年9月の初公判で起訴内容を認めたが、弁護人が代わった後の公判途中で「当時の弁護士に自白を強要された」と否認に転じた。

男性は09年7~9月ごろまでの間、下宿させていた少女の胸をもんだなどとして、10年8月に起訴された。

畔柳章裕次席検事の話 判決内容を精査した上、上級庁と協議し適切に対応する。(2013/02/27-22:24)

引用元: 時事ドットコム:わいせつ行為、犯罪証明なく無罪=「弁護士が自白強要」と被告-神戸地裁.

弁護人が指摘した3つの誤報疑惑―PC遠隔操作事件(楊井 人文) – 個人 – Yahoo!ニュース

小雪舞う中の弁護人の訴え

「どうかマスコミの皆さん、皆さんも何度も過ちを犯してきたわけです、足利事件を含めて。報道のあり方も問われているんだから。警察がこれからも拘束したら犯罪だと言いましたが、いいですか、これから皆さんも同じように警察情報を垂れ流したら、皆さん自身の犯罪です!犯罪報道の犯罪だと思う。だからどうか皆さん、自分の胸に手を当てて、自分はいったいどういうことでペンをにぎっているのか、考えてもらいたい」

2月19日午後、小雪が舞うなか警察署前で行われた、片山祐輔氏=威力業務妨害の疑いで10日逮捕=の弁護人・佐藤博史弁護士の会見。若い記者たちに向けた30分近くの発言を冒頭の訴えで締めくくると、しばし沈黙が支配した。佐藤弁護士は連日接見した後、こうした会見を開いているという。

弁護側が報道内容の誤りを訴えても、そうした言い分が活字や絵になることはほとんどない。この日も佐藤弁護士の会見では、初期報道のうち少なくとも3点の事実誤認を指摘していたので、それを紹介する。(まだジャーナリスト江川紹子氏の佐藤弁護士へのインタビューを読まれていない方は、あわせて読まれることをお勧めする。)

引用元: 弁護人が指摘した3つの誤報疑惑―PC遠隔操作事件(楊井 人文) – 個人 – Yahoo!ニュース.

言うべきこと言った、釈放かも~片山容疑者(日テレNEWS24) – 国内 – livedoor ニュース

 パソコンの遠隔操作事件で、威力業務妨害の疑いで逮捕された片山祐輔容疑者(30)の勾留理由を開示する手続きが26日、東京地裁で開かれ、片山容疑者は「犯人ではありません」と話した。その後、弁護士に対し、「言うべきことは言った。もしかしたら、明日、釈放になりますね」と話したという。

引用元: 言うべきこと言った、釈放かも~片山容疑者(日テレNEWS24) – 国内 – livedoor ニュース.

Twitter / yjochi: 深夜に始まった、二体の死体解剖に、明け方まで立ち会って、その …

Twitter / yjochi: 深夜に始まった、二体の死体解剖に、明け方まで立ち会って、その ….

金沢弁護士会所属会員に対する業務妨害に関する声明〜金沢弁護士会

金沢弁護士会所属会員に対する業務妨害に関する声明

本日、金沢弁護士会に所属する弁護士が、その法律事務所において、男に刃物で腹部を刺されて傷害を負う事件が発生した。容疑者は直ちに逮捕されたとのことである。

「民事事件に関して恨みがあった」と容疑者が供述しているとの報道もあり、これが事実であるとすると、弁護士業務に関連して、凶悪な犯行に至ったということである。我々は、このように弁護士の業務を暴力で妨害し、弁護士に傷害を負わせるという本件犯行について、強く糾弾するものである。

弁護士は、訴訟手続や交渉を通じ、法に基づき社会の紛争を解決することを職責としており、弁護士活動の安全が何よりも確保されなければならない。

暴力による弁護士業務の妨害は、基本的人権を擁護し社会正義を実現することを使命とする弁護士制度に対する不当な攻撃であり、司法制度や法秩序に対する重大な挑戦であって、決して許すことはできない暴挙である。

当会は、弁護士業務への妨害に対する対策を強化するとともに、卑劣な妨害行為に決してひるむことなく、弁護士の使命を貫徹し、法の支配を実現するため邁進する決意であることをここに表明する。

平成21年4月16日

金沢弁護士会
会長 北川 忠夫

引用:金沢弁護士会所属会員に対する業務妨害に関する声明|金沢弁護士会

送信者 金沢弁護士会

横浜弁護士会所属会員の殺害事件に対する会長声明〜金沢弁護士会

横浜弁護士会所属会員の殺害事件に対する会長声明

2010(平成22)年6月2日午後2時40分ころ,横浜弁護士会会員の前野義広弁護士が,同弁護士所属の法律事務所を訪れた男に腹部等を刃物で刺され,死亡するという痛ましい事件が発生した。当会は,亡くなられた前野義広弁護士の御冥福を心からお祈りするとともに,御遺族の皆様へ心よりお悔やみ申し上げる。

この事件は,未だ犯行の原因・背景等が明確にされているには至っていないが,白昼,法律事務所において業務を遂行中の前野弁護士を襲撃したものであることから,同弁護士の業務に関連して弁護士業務を妨害しようとしたものである可能性が極めて高い。

当会においても,2009(平成21)年,当会会員の弁護士がかつての依頼者に包丁で腹部を刺されるという傷害事件が発生している。

このような犯罪行為は,社会正義の実現と基本的人権の擁護を使命とする我々弁護士の業務に対する重大な挑戦であり,断じて許されるものではない。

当会は,このような凶行を行った犯人を強く非難するとともに,卑劣な暴力に怯むことなく,弁護士の使命を全うするため引き続き全力を尽くす決意である。

2010(平成22)年6月14日

金沢弁護士会
会長 山崎正美

引用:横浜弁護士会所属会員の殺害事件に対する会長声明|金沢弁護士会

送信者 金沢弁護士会